黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さな本格的BAR「BARin」の日記 

酒通信 ラフロイグへの道・・・

たまに顔を出してくれる。

地元の後輩氏なのだが、

この地元で店を出し、

早や20年になろうとしているが、

 

勿論、オープン当初から、

来られているが、

固定観念が強く、

こうだと思えば、変わる事が無い、

 

で、アイラモルトだが、

彼は、それを飲む人は、カッコを付け、

我慢して飲んでいると、

頑なに信じていて、

 

そんな訳は無いと言う、

私の言う事を、全く信じない、

が、月日は流れ、20年、

やっと、ラフロイグを口にするようになった。

 

その後、何度か来店し、

遂に美味しいと言った。

苦節20年、奇跡が起こった・・・

若い時からの知り合いになると、

 

まあ、学生時代の友人等もそうだが、

なかなか友達感覚が抜けず、

私を、プロとして見てくれない、

が、ラフロイグは、

 

チャールズ皇太子の愛飲酒であり、

献上酒である。

故に、変な物である訳が無い、

しかし、この下町では、

 

この固定観念に悩まされ続けた。

ウイスキーは、未だに水で割る物と、

頑なに、そう思っている方も多い、

ウイスキーも全く変わっていないと、

 

思う人も多いが、

日々、大河の濁流の如く、

変貌し、千差万別な種類が、

増殖し続けている。

 

が、まあラフロイグを、

美味しいと思えた事は、

嬉しい事だが、

20年掛かるとは、

 

ちと、長すぎる。

と、何故か最近やたらと、

ラフロイグが出るので、

2本まとめて購入、

 

f:id:BARin:20200708202135j:plain

未だに、 この下町で、悪戦苦闘の日々、

時代に取り残された人達、

一言で言えば、時代遅れなのかも、

しかし、その時代遅れが悪い事なのか・・・


河島英五:時代おくれ