黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さな本格的BAR「BARin」の日記 

酒通信 あぶさんでアブサンを思い出す。3

アブサンと言う名のお酒は、世界中に分布し、

多くの銘柄がある。が、100年以上前に、

ニガヨモギの成分、ツジョンの毒性により、

製造禁止となったが、それは、国ごとに違い、

 

禁止となっていない国もあった。

一説には、画家のゴーギャンが、

タヒチに行ったのも、このアブサンを、

求めてとも言われている。

 

色々と、アブサンの事を、書いて来たが、

まあ、謎めいたお酒であり、情報量が兎に角多く、

又、その大量の情報が、絡み合い交差している。

私もそうなのだが、アブサンを深掘りしたのは、

f:id:BARin:20220121190027j:plain

f:id:BARin:20220121190056j:plain

 

f:id:BARin:20220121190129j:plain

私の店に、数々あるランプ、

エミール・ガレだが、いやガレと言っても、

リプロダクトやガレ風で、本物では無い、

ドラマ「BARレモンハート」のお店のセットの中にも、

 

チラチラと出てくる。画面の手前の方に、

ガレだと思う、黄色い花瓶がいつも見えるが、

同じような物を持っていたが、

数年前、欠けらせてしまい、廃棄したが、

 

今も、同じような物を探し続けているが、

中々出会えない、おかげでかなり目利きが、

出来るようになった。まあ、これを話すと、

途轍もなく長い話になるので、

f:id:BARin:20220121190334j:plain

そのエミール・ガレの作品が、

妙にドラッグ的な物に見えた。

で、深掘りを始めるとすぐに、ある物を見つけた。

ガレ作の、アブサンのリキュールグラスセット、

 

エミール・ガレは、天才ガラス工芸作家、

が、作品は、多岐に渡るのだが、

いや、実は、アブサンが関係あるのではと、

思って深掘りした。アブサンの時代の作家なので、

 

アブサン愛好家は、モネ、ロートレック

ゴーギャンピカソ、そしてゴッホ等、

いや、文学界や、音楽界にもいる。

その中でも、詩人のヴェルレーヌ

 

画家のロートレックゴッホは、このお酒で、

身を亡ぼす事に、ゴッホの耳切事件や、自殺、

ヴェルレーヌの、詩人ランボーへの発砲事件等、

有名であるが、しかしあの時期に天才が、

 

何故か、次々と誕生している。ニガヨモギの、

ツジョンによる。幻覚や、妄想等の作用では無いかと、

言う方も居たが、それも研究では、

かなりの量が体に入らないと、

 

そういう作用は無いと、言う事なので、

近年では、単なるアルコール中毒とされているが、

私は、密かに、一時的に飲む量では無く、

長年の摂取のよる。体内での蓄積量では?と、

 

何故、そう思うのかと言うのは、

実体験がある。ある病院で、とある薬を、

処方された事があるのだが、

飲んでいると、何か違うと思うようになり、

 

いきなり、服用を止めた途端、

恐ろしい離脱症状襲われた事がある。

それが、一年以上続いた。こういう事では無いのか?

と、単に創造しているのだが、

 

まあ、今となったは、調べようも無いが、

あの時代、天才が多過ぎる。日本でも、

太宰治の「人間失格」にも登場し、

芥川龍之介の「河童」にも書かれている。

 

と、大昔のアブサンは、

ツジョンの含有量が、かなり多かったのでは、

とも思い、あれこれと調べた事があった。

その時に、見つけたのだが、

 

養命酒さんの研究員の方が、面白い事を、

書かれている。ドイツでの研究の論文だが、

昔の処方で、アブサンを作れば、

やはり、ツジョンの含有量はかなり多くなると、

 

そして、その時、かなり昔のアブサンを分析すると、

3,842㎍/g(マイクログラム)  

ppmに換算すると、ツジョンの

含有量が、3,842ppm?

 

間違ってたら訂正して下さい、

いや、驚いた。これが正しい資料なら、

凄い量が含まれていた事になるが、

グラム換算すると、これでも微々たる物となる。

 

で、エミール・ガレと、アブサンの、

接点を探して、二つの点を見つけたのだが、

まず彼は、一時期、フランスの義勇軍に参加している。

次が、その当時のフランス軍は、

 

アブサンを、胃薬代わりに支給していた。

又、面白い事に、年代に沿って調べたら、

義勇軍に入るまでは、ガレは、頭角を現してはいない、

あくまで、帰って来てからとなる。

 

完全に怪しい・・・まあ、偶然の一致だろうが、

そのアブサンだが、禁止された後に、

パスティス系と言う、リキュール酒の中の、

分類があるが、これは「何々のような物」と言う意味、

f:id:BARin:20220119225914j:plain

ペルノや、今、店には無いが、リカール等であるが、

これは、原料にスターアニス等を使用する。

禁止された。アブサンの代用品として造られた物、

なので「何々のような物」その後、長い時の流れの中、

 

WHOが基準を定め、80年ほどの、

眠りから目覚め、アブサンは次々と、

復活する事になり、現在に至るのだが、

以前、若い女性が、カクテルのオーダーの時に、

 

嫌いな物は?と尋ねると、八角が嫌いでーすと、

言われたが、あながち間違いでも無い、

まあ、それは良いのだが、

これも、知らなかったが、

 

ペルノは、EUの現在の基準では、

パスティス系では無く、アニス酒系に分類されるようだ。

まあ、今回だけでも色々と解った。

1,日本最古のアブサンは、ヘルメスアブサンでは無く、

 

「トミーアブサン」で、1937年~1955年、

サントリー ヘルメスアブサンは、その後の60年代、

2,国産ウイスキーの第2号は、ニッカさんでは無く、

東京醸造さんの「トミーモルトウイスキー

f:id:BARin:20220118213025j:plain

3,ハプスブルグ アブサン 

エキストラストロングが世界最強ではない、

4,そして、最も驚いた。サントリー ヘルメスアブサンに、

ツジョンが含まれていた事、

f:id:BARin:20220118213047j:plain

既に都市伝説では無くなった事、

5,エクストリーム アブサンが35ppmから、

10ppmに変わっている事、

6,ペルノが分類上、アニス酒系になった事、

f:id:BARin:20220119225914j:plain

アブサンだけでも、これだけ変わっている。

当然、時代の変化と共に、色んなお酒の解釈や、

見解も、次々変わっている。

今覚えた事は、10年後、いや5年後には

 

変わるかも、10年前、20年前に覚えた事は、

今は、すっかり変わっていると言う事に、

気付かなければ、と、言うお話でした。

立ち止まらず、調べ続ける事が肝要では?

             完

 

www.yomeishu.co.jp

酒通信 あぶさんでアブサンを思い出す。2

今から、100年以上も前に、

ニガヨモギの成分に、幻覚や幻聴等の毒性がある。

ツジョンが発見され、製造禁止となった。

禁断の酒、アブサンだが、日本では、

 

60年代から90年代に、

サントリーさんが製造していた。

私よりも年上の方ならご存じだろう、

そして、私ら年代が最後の白ラベルを、

 

知る年代で、その後、サントリーさんも、

製造を中止し、国産アブサンは、

暫くの間、姿を消す事になるのだが、

当時としては、アルコール度数の高いお酒、

 

その日本のサントリー ヘルメスアブサンに、

ツジョンが入っていたのには、流石に驚いた。

私は、アブサンマニアでは無いが、

やはり、そのニガヨモギの成分が無いと、

 

かなり味が落ちると言う事だが、

アブサンが解るほど、私はアブサンを、

飲んではいないので、解りません。

このアブサンの記事の事を思い出し、

 

今頃になって、あっ!と、なった。

サントリー ヘルメスアブサンに、

ツジョンが入っているとなれば高値高騰、

と、オークション、メルカリ等を調べると、

f:id:BARin:20220117212325j:plain

この、度数58度の70年代後半のボトルで、

案の定、3万円を超え掛けている・・・

だとすると、今のEUの基準値を超えた14ppmの、

60年代の68度のボトルなら、倍、いや3倍、いや・・・

 

あの記事を読んだ時に、すぐに探しとけば、

まあ、2020年の8月頃だったので、

コロナの最中、娘と二人で20周年を、

強行開催し、その準備やら、何やらで、

f:id:BARin:20200809021624j:plain

それどころでは無かった。 ↑次女 美音(みおん)

あれは、もう2020年なのか、

時は駆け足で進み、お酒の世界も、

駆け足で、進化し、変化し、

 

情報をしっかり捕まえないと、

気が付けば、置いてけぼりの浦島太郎になる。

十年一昔とは、そういう事かと、

この年になって、実感で感じる。

f:id:BARin:20220118213025j:plain

そして、アブサンだが、これがあるのだが、

ハプスブルグ アブサン

エキストラストロング、度数は89,9度、

世界最強のアブサンと言われて来たが、

 

数年前から、ちらほらと、ネットに書かれ出し、

今では、相当の方が書かれているが、

現物を見た事は無いので、未確認情報で、

どこの国の物かも、今は解らないが、

 

どうも、94度と言う信じれない度数の、

アブサンがあるようだ。

が、もうすぐ明らかになるだろう、

なので、世界最強とは言えず、

 

正確には、世界最強クラスと言わなければ、

いや、もう次々と訂正、訂正の嵐、

昔の記事も、たまに訂正を入れているが、

流石に10年以上書いているとキリが無い、

f:id:BARin:20220118213047j:plain

因みにこれが、ツジョン35ppmの含有量の、

エクストリームアブサン、一時期終売になり、

今、出回っているのは、リファインと言う、

名前に変わり、ツジョンの含有量は10ppmである。

f:id:BARin:20220119214656j:plain

が、これはかなり前に買った。

オールドボトルなので、35ppm、

10ppmになっている事は知らなかった。

時代の流れに付いていけるのか、流石に心配だ・・・

         つづく・・・

※ツジョンの毒性は、相当な量を、

摂取しない限り、作用は無いと言うのが、

今の研究での、見解です。

誤解なきように、