黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さな本格的BAR「BARin」の日記 

大阪ウイスキー物語 12

「たった一行に誇りを感じて」



竹鶴を支えた最後の大阪人、
最大の株主「加賀正太郎」と、
竹鶴の関係がギクシャクしてくる。
安いウイスキーを造れと言う加賀、
しかしそれを竹鶴は拒む、
当時の3級酒は原酒の混和率が、
0%〜5%だった。
0%??
あまり書きたくもなかったが、
0%でも良かったのだ。
昔私の父が安い酒はすぐに酔える。
何か入っていると言っていたが、
逆に何も入っていなかったのだ・・・


仕方なく竹鶴は3級酒を造るが、
その際、最大上限の5%まで原酒を入れ、
抵抗する。
この酒税法の混和率は昭和43年の改正まで続く、
昭和43年まで、原酒が全く入っていない、
得体の知れない、「ウイスキーもどき」は売られていたのだ。
しかしその改正でも 2級酒は 7%以上(13%未満)だった。
喉頭癌を患った「加賀正太郎」は、
死期をさとり、
「芝川又四郎」と共に昭和29年7月、
大阪は船場生まれの「山本為三郎」に株を譲渡する。
この時芝川は「株の譲渡は必ずニッカにとってプラスになる」と、


山本為三郎」そう朝日麦酒(現アサヒグループホールディングス)社長、
その芝川の言葉通り、ニッカは一流企業の体制を整えて行く、
この時既にニッカの株の過半数は、アサヒビールが持っていた。
2001年にニッカはアサヒビールの完全子会社化し、
アサヒビールグループの一員になるが、
それはいきなりそうなったのでは無い、


又「山本為三郎」は竹鶴がスコットランドに旅立つ時、
神戸港に見送りに来ている。
ニッカとアサヒには昔から妙な縁があるのだ。


これでニッカを多くの大阪人が支えた事がお解かりになったと、
思います。
そして長々と書いてきた「大阪ウイスキー物語」
これを書くきっかけとなった一文、
たった一行に私の胸は躍り、
誇りを感じた。


琥珀色の夢を見る」(松尾秀助著)
の中にその記述を見つけた。
では、抜粋、引用させてもらいます。

「創業から1年半して大阪から待望の単式蒸留器が届いた」


大阪から?
松尾秀助氏がこう記している。
それは芝川氏の回顧談「小さな歩み」1969(非売品)
の中に書かれていると、
竹鶴が言う「機械も、大阪の市岡にある小さな
北川鉄工所に私が設計して、つくらせる」と、


これは、当店の近郊に住む者しか、
解らない話で、この著書を読んでも、
私ぐらいしか反応しないだろう、
「大阪の市岡にある北川鉄工所に作らせる・・・」
驚いた方も居られるだろう、


私の店の前に橋が掛かっている。
「岩松橋」それを渡れば、
大阪は港区南市岡、

ニッカウイスキー、余市の蒸留器、ポットスチルは、
この記述が正しければ、
すぐ隣の町、港区市岡で作られた事になる。
大阪で市岡と言う地名は港区しか見当たらない、
又、市岡には確かに小さな鉄工所が沢山ある。



長々と書かせて戴いた「大阪ウイスキー物語」
大阪人がニッカウヰスキー誕生に、
大きく関わり、
サントリーさんは勿論、
ニッカも大阪で生まれたと言っても過言では無いと思う、
余市蒸留所の蒸留器が大阪港区市岡で、
作られたのなら・・・
この謎は又次回に!


最後に、多くの大阪人が守ったウイスキーを、
多くの大阪人に飲んで頂きたいと、
飲まないのは悲しい事だと、
「芝川又四郎」氏が生きてたら、
そうおっしゃるかもしれません。

          完


琥珀色の夢を見る―竹鶴政孝とニッカウヰスキー物語

琥珀色の夢を見る―竹鶴政孝とニッカウヰスキー物語

ヒゲのウヰスキー誕生す (新潮文庫)

ヒゲのウヰスキー誕生す (新潮文庫)

ウイスキーと私 (1976年)

ウイスキーと私 (1976年)

参考文献 琥珀色の夢を見る        「松尾秀助」
     小さな歩み 1969(非売品) 「芝川又四郎」
     柔道の国際化と礼法に対する関心 「マイケル・カラン」
     ウイスキーに捧げた男たち
     「凛として」第1回〜第9回 
http://www.nikka.com/world/sticking/gallant/
     千島土地アーカイブ・ブログ
     加賀正太郎と竹鶴政孝と芝川又四郎と
http://blog.goo.ne.jp/chishima-archive/e/f51b89c369c95c9a1a0fa6e519d705d4
     竹鶴政孝   Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E9%B6%B4%E6%94%BF%E5%AD%9D
     ニッカウヰスキー Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B0%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC