読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

エミール・ガレと禁断の酒 2

エミール・ガレ

光の魔術師、ガラスの詩人、

アールヌヴォーのガラス工芸界の、

まるで北欧神話オーディンのような存在、

 

 

独創的な作品群、

私の好きな「棟方志功

アンディ・ウォーホル

に通じる物がある。

 

 

まあ「棟方志功」氏は、

私の好きな「宮沢賢治」と「種田山頭火」の作品があり、

アンディ・ウォーホル」は「エルビス」と「モンロー」がある。

私の場合は、そんな程度なのだが、

 

アンディ・ウォーホル」は映画も制作している。

1963年に眠り続ける男を8時間撮り続けた。

「眠り」と言う映画があるが、

観たくはない・・・独創的過ぎる・・・

 

と、ガレを見失い始めた。

そのガレの作風を色々と見ていると、キノコや虫や、

何かでトリップしたかのように感じた。

そこで振り返り、バックバーの一本の酒に、

 

照準が合った。

そう禁断の酒

アブサン

f:id:BARin:20160629200654j:plain

 

 

科学的、医学的な根拠は無いが、

ゴッホロートレック等が有名だが、

アブサンの主成分である「ツヨン」(ツジョン)

に、アリファナに似た幻覚作用、向精神作用がある。

 

所謂「アブサン中毒」

が、ゴッホの耳切り事件と結びつけるのは難点があると、

他にも「てんかん説」「統合失調症説」等があるが、

私は「アブサン」のような気がする。

 

 

まあ、それが「ツヨン」による幻覚作用だったのか、

単なる飲み過ぎによるアルコール中毒なのか、

その点は解らない、

その「アブサン」と「エミール・ガレ」の接点だが、

 

 

1870年の「普仏戦争

ガレはフランス義勇軍に参加するのだが、

フランス軍の胃腸薬は「アブサン」なのだ。

多分、この時に「アブサン」を飲んだのでは?

 

 

と、全く根拠のない妄想が始まるのだが、

かなり調べたのだが、

ガレが酒飲みだったとか、

アブサン」を飲んでいたと言う記述が見つからない、

 

 

しかしガレの作品の中に気になる物を見つけた。

1880年代に制作された。

その名も、

アブサンリキュールセット」

 

グラスや水差し等の豪華なセットだ。

他にもリキュールセットは数多く手掛けているが、

アブサン」と限定している。

怪しい・・・

 

今夜辺り青い炎の「アブサン」どうですか?

f:id:BARin:20160625200625j:plain

 

 ↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村