黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

時間の無駄・・・

夜も遅くなれば、

それなりに飲んで、

泥酔の人が現れる。

まあ、飲み屋さんの宿命だが、

 

困るのは、何屋か解らず、

酩酊して入って来る人、

又、現れたのだが、

焼酎、焼酎、

 

無いと言うと、

なんでや!と、なる。

BARが何なのか、

全く解っていないが、

 

昔は、それでも解って貰おうと、

散々努力したが、

無駄、全くもって無駄と、

言う事が解った。

 

学ぶ気も覚える気も、

そういう人には欠片も無い、

ましてや、従うなどあり得ない、

と、そういう人が来ないように、

 

置いていないのだが、

そこに噛みついて来る。

テーブルチャージも、

そういう意味なのだが、

 

しかし、居酒屋さんでも、

お通しと言う、

テーブルチャージ料を、

取っている店もあるのだが、

 

何故か、そこは言わない、

不思議な人達である。

仕方ないので、

うちは高い酒を売っていると、

 

言うと、嘘だと言い出した。

まあ、ここから追い出すのに、

四苦八苦するのだが、

70歳ぐらいの方だが、

 

ここは、きっぱりと、

断らないと、

又、来るようになるので、

店を間違えているから、

 

帰ってくれと、

と、帰ろうとするが、

店の入り口にずっと立っている。

まあ、面倒臭いが、

 

何度も帰ってくれと、

こうなると、長期戦、

これ、本当に時間の無駄である。

やっとの思いで帰ってくれた。

 

二十年やっても、

まだ、この段階、

流石に飽きて来た。

BARとは何か、

 

そういう人に説明するのは、

最も時間の無駄、

立ち飲み屋、居酒屋、BARの、

区別がつかない人に、

 

何を言っても、

時間の無駄・・・

と、考えると無駄な事に、

長い歳月を費やしたと、

 

悲しくなるが、

それも、仕方ない、

選んだのは自分だから、

しかし、人生とは、

 

その無駄の積み重ねなのかも、

知れない・・・