黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 開封直後

長年、開封したウイスキーの経年変化を調べている。
年代物、ビンテージ、長期熟成、限定品、
やはりこれらは開封すれば、
様々な変化をする。


私は仕事上、店にある酒の開封直後を全て知っている。
強烈な個性を持つ物も多い、
そして香りの高さが変わる。
開封後数年経つと、
この香りの高さが低くなる。


まあ、仕方ない話しなのだが、
そこで何名か集め、新しいボトルを開け、
その開封直後を体験して頂こうかと思ったが、
なかなか時間的に一度に集まるのも難しいだろう、
そこで、考えた。


私が最近で特に思ったのは、
トミントール 33年、
ここ数年のウイスキーで最も香りが飛んだ。
しかし数年経った先日、
最後の一杯の香りがやはりかなり低かった。
トミントールか・・・


ん?これはどうだろうか?

どうなのか、まだ分からないが、




トミントール33年の、
これだ!


少し割高になってしまったが、
まさかこれを飲まないウイスキーファンは、
居ないだろう・・・


50mlのミニチュアボトルでの販売だ。



是非開封直後を味わって頂きたい、
これを飲まずに死ねるか?

数に限りがありますお早めに!