黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 至高の水割り、究極の水割り

最近、お土産で溢れている当店、
たかしの「カツオのタタキ」
BAGSさんの「笠岡の牡蠣」
そして、Mえさん(別名ローズバンクおじさん)の、
三陸の牡蠣、あまりの大きさに驚いたが、
一瞬で食べてしまい、


写メを撮るのも忘れた。
皆様ありがとうございました。
と、何度かその恩恵を授かっている。
カプコン君(正確には元カプコン君)
が、申し訳ないと、


先日の博多の出張先で、買って来たと、
これ!

少し小さいが・・・
「明太子」
め、明太子・・・
これで何を・・・

少し戴いてみた。
普通の辛さとあるが、
か、辛い・・・


大阪のスーパーの物と違う、
心地の良く、小さく跳ね上がる辛さ、
昔の「ボウモア」のような・・・


それは良いのだが、
辛い、
水、水・・・
ん?水?
そうか、水割り、
当店では殆ど出ない水割り、


これ、ストレートならむせる。
水割りだ。が、何の?
何度か読み返す本がある。


「ウイスキーシンフォニー 琥珀色への誘ない 」
谷幸雄氏、サントリー出身の偉い人なのだが、


この方、サントリーの方にしては(失礼しました)
ストレートをよく提唱されている。
作中、ストレートの文字がよく目に止まる。


その氏が、味の濃い物には、薄い味を、
逆に味の薄い物には、濃い味をと、
書かれていた。一般的にはそういう事だが、
何故か、当店は逆に強烈なアイラモルトに、
強烈なブルーチーズ、ロックホール、
宇宙大戦争のような、


そこで島谷氏の言うように、原点に戻ろう、
この辛さに合う、甘さ、飲み易さ、
これか?
作ってみた。
では、う、美味い!!




「至高の水割り ホワイト&マッカイ 19年」

「究極の水割り ホワイト&マッカイ 22年」
勿論「明太子」をお付けしますが、
数に限りがあります。
お早めに!


必ず「美味い」と言わせましょう、
どうぞ!


↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村