黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 日本のアブサン

何とか手に入れた。

サントリー ヘルメス アブサン

f:id:BARin:20180522172109j:plain

HERMES・・・

エルメス

 

 

サントリーさんのリキュールは、

HERMESと書いて、ヘルメスと読むのだが、

若い頃、あのエルメスがお酒をと、思っていた。

まあ、ダンヒル等もあるので、

 

 

が、実はヘルメス・・・

これ、エルメスに怒られるのだが、

詳しくはお店で、ここに書くと戸籍が消えそうなので、

で、このアブサンだが、

 

 

20年近く前に、

アブサン復活!と、

ポスター、チラシが酒屋さんに、

な、なんで?

 

 

80年ぶりに!

え、だから何故?

私は早くから、水商売で、

お酒に携わっていたので、

 

 

?が浮かんだ。

いやいや、アブサンはありましたよ、

と、そう、今から100年ほど前、

アブサンが販売中止になり、

 

 

世界各国でも、が、日本にはあったのだ。

それが、これ!

サントリー ヘルメス アブサン

f:id:BARin:20180522220318j:plain

 

若い時に飲んだ。

が、当時は若すぎて、

人間が飲む物では無いと思い、

それ以来飲んでは無いが、

 

 

存在は知っていた。

では、何故日本にあったのか?

なのだが、このアブサンに入っている。

ニガヨモギなのだが、

 

 

そのニガヨモギに毒性がある事が解り、

販売中止になったのだが、

日本はニガヨモギの輸入を禁じてなかった。

少し前に、ジョニー・デップの映画等で、

 

 

アブサンが又、脚光を浴びた時、

日本がニガヨモギを輸入していた事により、

もしかしたら、日本のアブサンには、

ニガヨモギの毒性「ツヨン」が入っていたのでは、

 

 

と、まあ、都市伝説が流れ、

この終売品が高値高騰で、

取引される自体に、

が、私が調べた所、

 

 

このサントリー アブサンの他にも、

アリスアブサン、ドルフィンアブサン等が、

あったようだが、勿論飲んだ事は無い、

多分、オークションに出たら・・・

 

 

勿論、これも当時の値段では無く、

お高い物になっていたが、

この旧ボトルは四段階に分かれるようだ。

1960年代に 68%のがあり、

 

オークションでは現在、4万円ほどの値が付いている。

1970年代 では薄いグリーンのボトル、

1970年代の中盤に 濃いグリーンのボトル、

1970年代後半から、ブラウンのボトル、

 

故に、これは1970年後半からの、

ボトルだと思われる。

どう見ても、ブラウン・・・

f:id:BARin:20180522172109j:plain

が、私が昔に飲んだのは、

これでは無く、

この次のスリムなボトルなので、

この時代は飲んでいない、

 

 

それも、あって買ったのだが、

果たして、来るのか?

アブサンカップル・・・

ヘルメスアブサンが待っています。

f:id:BARin:20180522220318j:plain