黄昏ウイスキー TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

今も生きている・・・

私があの人に出会ったのは、

確か小学校二年、

それも、後で思えばなのだが、

私はそれほど本を読むような、

 

 

少年では無く、

いつも、何故かそこら中を、

走り回っていた。

そんな私があの人にのめり込んで行ったのが、

 

 

十八歳頃だった。

まあ、読んだ、

あまりに読みすぎて、二十代前半には、

暗記してしまう程だった。

 

 

今思えば、かなり気味の悪い青年だったように、

思う・・・

あの人とは名を「宮沢賢治

それからは、関連する書籍が出るたびに購入、

 

 

独特の世界観、

現実的な理論派の方には、

些か苦痛を与えるかも知れないが、

私は妙にその不思議な世界が、

 

 

手に取るようにリアルに感じた。

しかし、早すぎた。

評価は死後に高まる。

私が心惹かれたのは、

 

 

文学としては勿論だが、

その影響力の凄まじさだ。

小説家や物書きの類に留まらず、

音楽家、映像関係、

 

 

いや、書き出したらなのだが、

あらゆる人に影響を与えている。

この文学と言う枠を大きくはみ出し、

多くの者に光を与えるのも、

 

 

その独特の世界観が、

人それぞれの中で、形を変え、

膨大に膨れたのだろう、

正に宇宙・・・

 

 

まあ、書き出したらなのだが、

今朝、嬉しいニュースが飛び込んで来た。

今年の芥川賞直木賞

驚いた・・・

 

 

どちらも「宮沢賢治

まずは「直木賞」は「若竹千佐子」さん、

「おらおらでひとりえぐも」

これは「宮沢賢治」の「永訣の朝」の一節、

 

 

「私は 私で 一人で行きます(逝きます)」

と、言う意味の方言なのだが、

内容は、宮沢とはあまり関係が無いようだ。

そして、もう一人、これは宮沢ファンには面白そうだ。

 

 

「門井慶喜」さんの「銀河鉄道の父」

こちらは「芥川賞

賢治の父、「政次郎」の物語のようだ。

確かに「宮沢賢治」の父には興味がある。

 

 

父も父なりに必死だったと思う、

故に賢治を連れ、

関西方面にも現れるのだが、

それは、それでこの本でどう捉えられているか、

 

 

それが楽しみなので、

この辺で・・・

しかし、今も生きている

宮沢賢治

 

 

実に嬉しい・・・

 

 

おらおらでひとりいぐも

おらおらでひとりいぐも

 

 

 

銀河鉄道の父

銀河鉄道の父