黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 ハルの夢 3

1997年8月9日

アラン蒸留所のビジターセンターが正式オープン、

この時の除幕式を行ったのが、

エリザベス女王である。

 

 

エリザベス女王が、

蒸留所を公式訪問するのは、

二回目、1980年に、

ボウモア蒸留所を訪ねて以来、

 

 

17年ぶりの事で、

女王が公式訪問した蒸留所と言う、

名誉を得た。

しかし・・・二個所とは・・・少なくない?

 

 

と、私が思っただけだ・・・

その翌年1998年、

アランモルト復活の公式イベントを開催され、

この時は「ユアン・マクレガー」が訪れている。

 

 

ユアン・マクレガー

スターウォーズ エピソード1」の

オビ=ワン・ケノービ」と言った方が、

解りやすいだろう、

 

 

未来に向けて、

ロケットを打ち上げた。

「ハル」は翌年、75歳を迎え、

名誉会長に退く、

 

 

と、この記事を書いている時、

たまたま取引酒屋さんからメールが届いた。

まさかのタイミングに、

少し笑みがこぼれた。

 

 

そのメールには、

「アラン蒸留所21周年記念ボトル発売」

と、書かれていた。

21年・・・これは1969年に、

 

 

スコットランドの成人が18歳に引き下げられるまでは、

21歳だった事に由来する。

盛大にお祝いする習慣があるようだ。

話しは尽きない、

 

 

この連載記事の冒頭、

特別な思い入れがあるウイスキーと、

書いたと思うが、

それがこの21年・・・

 

 

私も又、自分でBARを経営し、

21年の時が過ぎた。

アランと共に歩き続けたのだ。

いや、やっと成人になれたのかも知れない、

 

 

そして「ハル」こと「ハロルド・カリー」氏、

昨年、91歳の人生に幕を下ろした。

集大成とも言える。

「アラン18年」を見送る事が出来たのは、

 

 

彼の努力に対する神の労いだったのでは、

私を含め、多くの人達の思いが凝縮した。

その「アラン 18年」

f:id:BARin:20170213194721j:plain

が、スタンダードな「アラン 18年」では無く、

リミテッドエディション、

スーパープレミアムカスク

「アラン 18年」

f:id:BARin:20170213194817j:plain

524本の、24番・・・

出来れば21番を、

いや、まあ、

飲もうでは無いか、「ハル」のウイスキーを!

 

 

最後にウイスキーは勿論、

全ての酒に歴史あり、

いや、それ以上に多くの方々の、

熱意と情熱が込められている。

 

 

それが解った上での一杯の値段、

一杯の味わいが違う事は、

当たり前の話し、

良く「高いから美味いのか?」

 

 

と、聞かれるが、

高いから美味いのでは無く、

その酒がどういう歴史、バックボーンを抱えているか、

理解して飲む事で価値観は変わる。

 

 

この町では「何でもええねん!」

「酔えたらええねん!」

「味なんか解らん!」

と、来る人は後を絶たない、

 

 

私はそれも否定はしない、

が、それならばスーパーで安酒を買うなり、

飲み放題幾らの店に行くなり、

と、他にも多くの選択肢がある。

 

 

そして、酔うだけの目的なら、

酒は、ただのドラッグに過ぎない、

覚せい剤の仲間になってしまう、

それを阻止するため、

 

 

日夜、資料に目を通し、

知識を得、説明をしているのだ。

それを「能書き言うな!」

「蘊蓄垂れるな!」と、怒鳴らても、

 

 

一向に文化にはならない、

能書きでも、蘊蓄でも無い、

ただの知識、説明に過ぎない、

是非、BARは文化だと言う言葉を

 

 

理解して頂きたい、

いや、そういう店も、

世の中にはあると言う事を解って貰いたい、

天国の「ハル」もそう願っているはずだ・・・

f:id:BARin:20170213194721j:plain

 

 ↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村