黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

マッサン ストレート

NHK朝の連ドラ「マッサン」
その劇中で度々出て来るこのグラス、




これはテイスティンググラス。
この町に来て「是非ストレートで」と言うと、
どれだけ怒鳴られた事か、


「火噴くわ!」「死んでまうわ!」
が、しかしマッサン達はストレートで飲んでいる。
私が嘘を付いていない事が解りましたか?
まだ、信じられないですか?


して、何故「水割り」が登場しないのか、
それは時代が早いのだ。
「水割り」が登場するのは、
1970年代、サントリーさんが、
割烹、寿司屋、和食の店でウイスキーを飲んで頂こうと、
一大キャンペーンを行い、
営業を展開する。
その時に広めたのが「水割り」
アルコールの度数を下げ、
和食に合うようにしたのだ。


和食店に展開した事で、
その名も
「二本箸作戦」と名付けられた。


しかし皮肉な事にその頃、
ストレートで飲む単式蒸留器で造られる。
シングルモルトウイスキーが
ブレンディドウイスキーの供給用では無く、
単体で発売され「グレンフィデック」
が脅威の売り上げを伸ばしだしていた。


世の中が「水割り」だらけになる中、
数年後サントリーさんは「ピアモルト山崎」を、
ニッカさんは「余市」の前身となる「ピアモルト北海道」を
発売するが、飛ぶようには売れなかった。
やはり、値段が高いのと水割り・・・


よく見て頂こう、

裏のラベルなのだが、

読まれましたか?

「ストレートで美味しさが際立つ」と、
書いている・・・・

「マッサンフェアー」発動中!