黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

マッサン 美味しい・・・

NHK朝の連ドラ「マッサン」
ウイスキー造りに情熱を燃やす、
ニッカ創業者「竹鶴政孝」氏をモデルにしている。


このドラマが始まれば、
ほんの少しでも、
ウイスキーを理解して頂けるかと、
期待したが、逆に余計ややこしい事になって来た。


「美味しいウイスキーをくれ!」
が、続出・・・
タバコ屋さんに行って、
「美味しいタバコ下さい」とは言わないだろう、
何か一つでもキーワードを頂かないと、
長年のキャリアも、
知識も使いようが無い、


例えば「初心者でも飲み易いウイスキーを下さい」
「少し個性のあるウイスキーを下さい」


これならまだ脳の中に詰まった多くの引き出しを活用出来る。
誰もが美味しいと思うウイスキー等存在しないのだ。
ウイスキーはその人の経験値と比例、呼応する。
この事を何回言っただろうか、
百万遍、いやそれ以上か、
私は自分の価値観を人に押し付けるような行為が最も、
卑しいと思っている。
自分が美味しいから、
お前も美味しいだろう、
それなら暴君と同じだ。


美味しいウイスキーとは、
パーセンテージが多いだけ、
美味しいと言う人が比較的多いと言うだけ、
なので100%では決して無い、
誰もが美味しいそういう物があれば、それ一本で商売が出来る。
BARはどこも潤い、
潰れる事も無いだろう、

その人、その人に合った物をお選びしょうと、
日々勉強し、値段を考え仕入れをしているのに、
「美味しい物を」
「何でもいい」
「何を飲んでも一緒」


こういう事ばかり言われると、
何の為にこの仕事をしているのか、
全く解らなくなる。
悲しい話とは思いませんか、
思いませんか・・・


そして上級者と言うのは、
酒量では無い、
毎日同じ物を3L飲んでも知識は広がらない、
又お金を沢山使うからでも無い、
そういう人は来る時は来るが、
来なくなれば、全く来なくなる。


コンスタントに来てくれて、
同じような周期で、同じような金額を使ってくれる。
確かに数は少ないが当店にも数人でも居られる事を心から感謝すると共に、
ここまでやって来れた私の支えだ。


「美味しいウイスキーをくれ!」だけは、
止めてくれませんか・・・