黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

ヴェスパー 2


これが「ボンド・マティーニ
カジノ・ロワイヤル」に登場する。
「ヴェスパー・マティーニ」に必要な一本、


「リレ(ブラン)」
正確には「キナ リレ」なのだが、
それは生産されて無く、
後継品がこの「リレ(ブラン)」
しかし、この「キナ リレ」をお持ちの店は、
確かにある。羨ましい・・・


して、この「リレ (ブラン)」なのだが、
白ワインに、ハーブ、フルーツ等をミックスした。
食前酒、


後は、ジンこれは「ゴードン」
そして、ウオッカは「スミノフ
最後にレモンピールを沈ませる。

この「ヴェスパー・マティーニ
色々と調べてみると、面白い事が解った。
原作者は「イアン・フレミング
1953年、
この当時、冷戦時代だった。
英、仏、米、ソ連の平和を願ったのでは無いかと、
作家の「東理夫」氏が書いていた。


ジン「イギリス」
リレ「フランス」
ウオッカソ連
そして、レモンが「アメリカ」
それを混ぜ合わすと言う意味だ。


が、ウオッカが「スミノフ」であるならば、
このウオッカには、2つの国が入る。
「ロシア」と「アメリカ」だ。


この酒は、「ロシア」で生まれ、
ロシア革命で、子孫のスミノフ氏は、
パリに亡命し、1933年以降、
商標権や、販売権を売り、
アメリカで生産、販売されている。
と、なると、「レモン」には、
別の意味があるのでは、
無いだろうか?


何故か「007のテーマ」が先程から、
頭に流れている。
もう一度調べてみよう、
ん?こ、これか?
       つづく・・・

↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村