黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 ジャックダニエル ジュラ ボウモア10年

「メリークリスマス!」
さあ、仕事仕事!!


今日は、新入荷のお知らせ!
では、ドン!

右が「ジャックダニエル
左が「アイル・オブ・ジュラ

が、この「ジャックダニエル」は少し違う、
これは、161周年記念ボトルなのだが、
161周年とは・・・162年も出るのか??
この「ジャックダニエル
分類上、バーボンなのだが、
実際はテネシーウィスキーだ。


何かの本か、ブログだったか、
BARでバーテンダーが偉そうに、
「これはテネシーウィスキーです」と、
言っていたが、バーボンだと、
そうなのだが、私はこの「ジャックダニエル」を
造っている方達のインタビューの記事を読んだ事がある。


「我々はボーボンを作っているのでは無い、テネシーウィスキーを、
造っているのだ」のような事を言われていた。
だから私もテネシーウィスキーと言っている。
ラベルにも、テネシーウィスキーと表示されている。
これは以前詳しく書いた記事があるので、
興味のある方は、どうぞ!
テネシーウィスキー」
http://d.hatena.ne.jp/BARin/20100808


そして、久しぶりの登場、「アイル・オブ・ジュラ
これはシングルモルトウィスキー、
以前何度か「1906」と言う、
小説のようなものを書いたが、
あれは、「1Q84」そう村上春樹氏の影響なのだが、
その「1Q84」にも、元がある。
ご存知の方も多いだろう、
そう「1984年」
ジョージ・オーウェル」の代表作だが、


これがどこで書かれたのかまでは、
知らないと思う、
ここです。
アイル・オブ・ジュラ
そう、スコットランドのジュラ島、
バイキングの言葉で、「鹿のいる島」
オーウェルはこの島に別荘を持っていた。


そしてもう一本!

これはボトラーズという業者が出している。
ボウモア 10年」なのだが、
ボトラーズとは、これは又、詳しく説明いたします。
そしてカスクストレングス、
これは樽出し、加水をしていない為、
度数は50度を越えている。
多分、恐ろしい味がするはず・・・


では、何故買ったか、ラベルだ。
ドン!

ふざけているのか、マジなのか、
解るだろうか、ラベルの絵が大阪は「新世界」
これは、大阪人としては買わなければ、
即購入・・・
しかし・・・誰が飲めるのだろうか・・
あ嬢か、BAGSさんか、オージスさん・・・


ふう〜、また、デッドストックが・・・
皆さん、飲みに来て下さいね!

さあ、クリスマスです。
23日、24日は抽選大会、
豪華景品が当たります。
24日の11時頃に、
ビンゴ大会、
高級ワイン、ウィスキー等ご用意しています。
是非遊びに来て下さいね!
お待ちしています!!