黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 ブラックボウモア

飲み干された「ブラックボウモア」の空き瓶、、、

10年以上前は、今の値段より遥かに安いモルトだったが、
みるみる値段は高騰した。
サントリーさんがオーナーになってからは、
庶民の買えるものでは無くなった。


セレブか、一部のマニヤの酒だ。
しかし、もう一度飲んでみたい事は確かだ。
この「ブラックボウモア」の飲み方なのだが、
初めの一杯は、極少量にするべきだ。


何故なら、開封一番は個性が強過ぎる。
私も、いったい何を飲んでいるのか、
全く解からなくなった。粘土を煮詰めた。
煮汁のようだった。これがある日突然美味くなる。
期間は2週間前後だった。
告知も無く、本当にある日突然、美味くなるのだ。


別の酒のような変貌を遂げる。
ブランデーのような華やかなアロマ、
そして濃厚で,且つまろやかな飲み口、
信じられない、これが本当に、同じ酒なのか?
カラスミか、キャビアがあれば、ベロベロになるまで、
飲んでしまうだろう、まあそんな事は出来ないのだが、


私は、一年間で三回に分け、飲んだのだが、
三回目も、多少の変化はあった。
しかし、最初の開封時の味は、死ぬまで忘れられない、
もう少しで、吐き出しそうになった。


開封して、少しだけ飲み、最低でも空気に触れてから、
1週間は置く事をお薦めいたします。


そしてその「ブラックボウモア
何とか手に入れたいものだ。
不本意ながら、1杯は高額なものになるのだが、
極僅かだが当店のモルト愛好家の諸君!
少し安く出ている物がある。


有志を募りたい、確約を頂けるなら、
購入を検討する。
保障出来る出先では無いが、格安なものだ。
しかし、一口でも飲めば、私もキャリアを積んで来たバーテンダーだ。
しかも、「ブラックボウモア」だ。あの個性忘れるはずが無い、
しっかりと記憶している。
変化した所で、それは同じだ。
十二分に解かる。
故に真偽の程は、保障出来る。


さあ、どうしょうか?
8人程の確約でいいのだが、
詳しい金額は、店で聞いて戴くか、
メールをして欲しい、


偽物、不良品の場合は、
潔く、私一人で飲む覚悟だ。
検討の程、宜しくお願いしたいものだ。
しかし全てどうなるかは、神のみぞ知る所だ。
そこは御了承頂きたい、、、、
▼クリックしてね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村