読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

君死にたもうことなかれ・・・2

アニメのキャラクターに、

与謝野晶子」が居た。

日本の文豪が次々と登場する。

文豪ストレイドッグス」詳しく調べると、

 

 

日本だけでは無い、

マーク・トウェイン

ジョン・スタインベック

エドガー・アラン・ポー

いや、書き出したらキリがない・・・

 

 

日本では他にも、

坂口安吾

私の愛する「種田山頭火」も・・・

な、何だこれは・・・

 

 

まあ、それは良いのだが、

その「与謝野晶子」の名詩、

「君死にたもうことなかれ」なのだが、

完全に死を前提にしている。

 

 

ここに疑問があった。

そして、この弟も無事生還している。

日清、日露に於いて、

そんなに悲壮感があったのだろうか?

 

 

が、私の疑問だったのだが、

与謝野晶子」の生家は堺、

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/B/BARin/20130909/20130909144828.jpg

 

それを考えると、

これでは無いか?

数年前に色々と調べた。

「土佐十一烈士」

 

 

この生家から左程離れていない場所、

「妙国寺」にて、その惨劇は行われた。

「皇国の為」と、切腹し、死んでいった若者、

それが「与謝野晶子」の弟と重なり、

脳裏に深く刻まれていたのでは・・・

 

余談ではあるが、

このアニメに登場する「与謝野晶子」であるが、

特殊能力は、治癒なのだが、

これが、少々の傷では治せなく、

 

 

一度、瀕死の状態にすると言う・・・

このアニメの作者「朝霧カフカ」氏、

恐るべし・・・

「土佐十一烈士」は詳しく書いております。

 

 

長編ですので、お時間のある時にお読み下さい、

こういう方々に一陣の光を当てる事も、

大事だと、

私は思います・・・

barin.hatenadiary.jp

 

 

 

 

↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村