読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 人知れず闘う・・・5

 闘った、闘って闘っても、

壁は高い、

高い、高い、壁に向かってパンチ!

パンチ!パンチ!パンチ!

 

 

が、全く当たらん・・・

ダ、ダウン・・・

1、2、3、4、5、6、7・・・

この壁が、この壁が越えれなかった。

 

f:id:BARin:20161212153812p:plain

 

しかし、もうこれでは商品としての、

価値は無い・・・心が折れた・・・

ここで私の冬の甲子園は終わった。

出資を約束してくれた方にお詫びし、感謝し、

 

 

そして、スマホゲーム、

ガンコンクエスト」(ガンコン)の、

親愛なる同士達に励まされた。

その事に大きな意味があると、私は思う、

 

 

そして、無情にも値は上がり続け、

ファーストの落札価格は、

1.251.001円

入札数は 211

 

 

f:id:BARin:20161212154708p:plain

そして、激闘したセカンドは、

1.238.001円

入札数は275

凄い・・・

 

 

f:id:BARin:20161212154800p:plain

 

この酒を私は十数年前に、

45m(lジガー)販売で、

一杯¥8,000-で提供したが、

それを売らなければ、今、このお金を手にしている。

 

 

それを守銭奴と言われたが、

そういう人達は、ただただ、井の中の蛙様で、

知らない事を、私は決して馬鹿にはしていない、

知らないなら、知れば良い、

 

 

ただ、それだけの、簡単は事だ。

この町もいつまでも、村おこしと、村祭りを間違えてはいけない、

そして、全ての物は日進月歩、

「昔は、こんな値段だった!」と、言った男が居たが、

 

 

なら、クラッシックカーのショールームに行って、

「1950年では、こんな値段だったじゃないか!」と、言って来てから、

私の店に来て。「高いわ!」と、言っても腹も立たない、

それはもう、何らかの病気なのだから、可哀想なだけだ・・・

 

 

しかし、これだけは言おう、

決してこんな値段では、

楽しんで飲む事は出来ない、

酒は楽しんで飲むべきで、

 

 

楽しむためには理解する事、

何故、この酒が高いか?を知る。

それが大前提、その為に私達は存在する。

あくまで、バーテンダーとしての意見である。

 

ただただ、今回は、

疲れた・・・

こういう闘いを、人知れず

私は闘い続けている事を、

 

 

このブログを読む、

あなた、あなた、あなたに解って欲しい、

そして、出資を呼び掛け、

応えてくれた人の殆どが、

 

 

二十代の若者だったと、言う事も、

頭の硬くなった同世代達に、

付け加え、教えてあげよう、

情熱とは決して、

 

 

年齢では無い!

 

 

穂積!穂積!穂積!

挑戦者立ち上がれない!ノックダウン!

しかし、カウント10は自分の諦めが数えるものだ。

さあ!立ち上がろう、フラフラの両足だけど・・・

 

 

この曲が、折れた心に突き刺さる。

竹原ピストル

カウント 10

↓時間がある時に聞いて下さい!


カウント10

 

最後にBARとは、大きな世界に繋がる。

小さな扉だと言う事を、居酒屋でも、立ち飲み屋でも無い、

この町が、この町ではと、下を向くのでは無く、

他の町では!日本では!世界では!

 

 

と、もっと上を向いて歩こう

明日へ向かって・・・

この町で良く言われた。

「あほか!あそこの店は大瓶380円やぞ!」

 

 

世間知らずの、

馬鹿と話す時間は無い・・・

 

 ↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村