黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 美味しいウイスキーを・・・

「お勧め下さい!」

「おまかせで!」

が、BARでは通用しないと書いたが、

一番恐ろしいのが、

「美味しいウイスキー」を下さい、

 

 

何をもって美味しいのか?

解りやすく例えるなら、

タバコ屋さんに行って、

「美味しいタバコ」下さい、

八百屋さんに行って、

「美味しい野菜下さい」のようなものだ。

車屋さんに行って、

もういいか・・・

 

 

一番肝心なのが、

ウイスキーと言うのは経験値、

初めての山登りがエベレストと言う方を、

聞いた事が無い、

私は常にその人のレベルに合ったものをお出しする為に、

毎日、勉強と試飲を繰り返している。

 

 

それを何度言っても解らない人は多い、

私が美味しいウイスキーを隠していると、

それを出せと、

今、それを出した所で多分美味しいとは思わないだろう、

まずは「初級」「中級」「上級」と、

お客さんを分けている。

別にそれが差別では無く、

 

 

愛情であり、何よりものサービスである。

ウイスキーは何度も言うが、

アルコールに強い方、

弱い方が居る。

 

美味しい味噌汁は殆どの方が飲めるが、

ウイスキーはアルコール飲料

飲める方と飲めない方が居る。

ここまでは理解出来ましたか?

 

そしてその「初級」にも1~10程のランクを、

「中級」の方も「上級」の方も同じだ。

その人がどれぐらい飲めるかは、

一杯を飲み終わる速度を見れば、

すぐに解る。

 

私達はウイスキーのプロと言うより、

ウイスキーを提供するプロなのだ。

飲み手のドリンカーと大きく違うのは、

そこなのだが、カウンターに立たない限りそれは解らない、

が、果敢にも戦いを挑む方は後を絶たない、

又、こういうケースが多い、

二人、三人で来られる。

 

 

その中の一人がこのウイスキーが美味しいので、

これを、この方にもと、

自分が美味しいから、

この人も美味しいだろうと、

別に悪くは無いのだが、

目の前にウイスキーを提供するプロが居るのだ。

 

 

一言、相談してくれれば、

何故なら、その方は今日初めてウイスキーを飲む方だったら、

そのチョイスは間違えている。

又、少し前にあったのだが、

これには、お手上げだった。

 

接待で連れて来られた方が、

席に座るなり、

「このウイスキーの値段は、

全て評論家の評価で決まっている」と、

馬鹿馬鹿しいと言わんばかりに、

大きな声で、

すると連れて来た方が、

 

 

「では、マスターこの方に美味しいウイスキーを」

 

 

「無理です」と、言ってしまった・・・

この日本人の固定観念

私は長らくそれと闘って来たのだと、

最近、解ってきた。

 

ウイスキーは水割りで飲む物、

美味しいウイスキーは誰でも美味しい、

CMしているのは良い品物、

してないのは粗悪品、

ウイスキーの値段は評論家の評価、

 

 

最強の強敵は、

 

 

俺はウイスキーの全てを知っていると言う方、

なら、もう飲まなくて良いんじゃ無いですか・・・

 

 私にお金は入りませんが、

記事を読んだらクリックお願いいたします。

 

にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ カクテルへ

にほんブログ村