黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

マッサン 解る人に・・・

何だか大変な事になって来た。
NHK朝の連ドラ「マッサン」
本格的なウイスキーを造りたいマッサン、
売れるウイスキーを造りたい鴨居さんが対立、



マッサンが解る人にだけ飲んで欲しいと、
確かにそれは私も同じで、
飲みたい人、解る人に飲んで頂きたい、
価値観が解らない人にはただただ高い酒と言う事になる。


しかしそれでは売り上げは上がらない、
鴨居さんの言う事も良く解る。


まあ、水掛け論なのだが、
BARは文化だと言われる。
それは酔う為だけのお酒では無く、
味わうお酒にならない限り、
そうはならない、


その一杯のウイスキーがどうして造られたか、
どういう歴史があるのか、
そういう事が解れば、
重みも価値観も変わるのだが、


「何でもええねん」
「酔えたらええねん」
では、BARの必要性も無いのだが、
が、わざわざBARに現れて、
嫌な事を言ったり、絡んだり、


恥かしくないのだろうか、
それが不思議だ・・・


そういう私も鴨居さんとマッサンの狭間で苦しんでいる。
が、こういうウイスキーは確かに解る人にだけ、
飲んで欲しいだろう、
と言うマッサンの声が聞こえそうだ。


「ニッカ シングルモルト北海道 12年」


酔えたら何でもいい人へ