黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

北新地 BAR紀行 

映画を観て、このビルの地下に、
面白い所がある。
ここ!

この中はおもいっきり昭和、

ミゼット、懐かしい・・・

ビクターの白い犬、
近所にあった。
「ニッパー君」と言うのか、
懐かしい・・・
お店屋さんも沢山あり、みんなレトロ、
昭和の風が吹いていた。


そして懐かしの北新地へ、
震災前、数年間ここで勤めていた。
しかしまだ時間が早い、
そこで駅前ビルの地下に、


安いおすし屋さんへ、
そしてBARへ、
この日は久し振りに店を休んだ。
ゆっくり飲める。
さあ、何処へ行こうか、


まずは「水饗亭」さん
サントリーさんの高級なBARなのだが、
北新地にしては、リーズナブルなお値段、
そして、圧巻は内装、
壁が水槽だらけ、
何ともゴージャス、
BARが異空間であると言う事を、
見せ付けられる。


流石はサントリーさん、
何人かお客様がいらしたので、
ライトは遠慮したので、
少し暗いが、こんな感じ、


で、相手をしてくれた美人バーテンダーがこの人、

北新地「水饗亭」の「西」さん、
大きなカウンターを手際よく切り盛りしていた。
仕事の出来る女性はより一層美しく見える。


まあ、よく飲んだ。
最後にジンで何か振って下さいとお願いした。
多分、あれが来るだろう、


やはり・・・

ギムレット
私が言うのも失礼だが、よく出来ている。
6年目だそうだが、
細氷も浮いている。


しかし、この味は・・・
昔の私の味、してこの甘味は、
「シロップは何を?」

「カリブです」
やっぱり・・・


サントリーさんのお店なので、
サントリーで説明すると、

この味は、
「山崎10年」のような味わい、
これはあくまで好みなのだが、
同じく「山崎」に「バーボンバレル」と言うのがある。


これは、全く表情を変える。
甘味、深み、前後左右に広がる味わい、
旨味を感じる。
肉汁のような、
ではそんな「ギムレット」があるのか?


ある。ここは北新地、
とんでも無い人達がひしめき合っている。
そしてそれを作れる人を私は知っている。
では、行こう!
「西」さんありがとう!
ご馳走様でした。


詳しくはこれちらで!
「水饗亭」
http://r.gnavi.co.jp/k015412/

↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村