黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

寝ずの番

先日、「長門裕之」氏が、
お亡くなりになられた。
実に残念な事だ。
長門裕之」氏と言えば、
津川雅彦」氏の兄だが、
その「津川雅彦」氏が、
メガホンを取り、
撮影された映画が、


「寝ずの番」だ。
監督名はマキノ雅彦
原作は、「中島らも」氏だ。
確か2005年公開だった。
いや〜、実に何年かぶりに、
腹を抱えて笑った。
死ぬかと思った。
面白すぎる。
又、真面目な役柄の、
中井貴一」氏が真面目で面白い、


圧巻は、お通夜で悪乗り、
棺桶から、死体となった。
長門裕之」氏を引きずり出し、
肩を組んで、落語「らくだ」に登場する。
カンカン踊りを踊りだす。
同じシーンを何度も、何度も見たが、
何度見ても、笑える。
実に「らも」さんらしく、
作りこまれている。


長門裕之」氏、演じる
落語家の師匠が、
無くなる時、
「おそそが見たい、、、」
と、いう「おそそ」とは、
オ○コの事だが、
これが、大変な事になる。
一番若い、嫁にしょうと、
中井貴一」氏の奥さん役、
木村佳乃」が、股を開くが、
「おそそ」ではなく、
「おそと」だった、、、


いや〜実に面白い映画だ。
必見の価値あり!
「寝ずの番」