黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

ドラマ バーテンダー 6話

誰に頼まれた訳でも無いのだが、
3流バーテンダーが、今日も解説しよう、


では、初めに前回の第5話で、
バーテンダーの腕試しで、
「ジンフィズ」とされていたが、
若干、古い話のように思われる。


年配のBAR通の方達が、
よく、口にされる腕試しカクテル、
「ジンフィズ」なのだが、
現在は、冷凍庫の普及で、GINを冷やす事が出来る。
と言う点から、今はショートカクテルにそれはある。
その事を本に書かれている、
有名バーテンダーの方もおられる。
そのカクテルとは、、、、


ブログでの公開はやめておこう、
変に混乱を招いてはいけないので、
自分で調べて下さい、


そして、第6話なのだが、
ウオッカアイスバーグ
取り扱い注意のカクテルである。


他にも、今は不謹慎だが、
「アースクェーク」(地震)や、
ヘミングウェイ」等、
「ペルノ」「アブサン」「リカール」
等の、アニス系は、香りが取れない、
バースプーンを、面倒だが、
一度洗剤で洗わなければいけない、
メジャーカップも同じだ。


そして、使用後のグラスもそうなのだが、
念の為に、レモンスライスで、一度洗い、
その後、洗浄する。
関心したのは、私達にとっては当たり前の小さな一点が、
こういう風に、ドラマのストーリーになると言う事だ。
まあ、それを言えば、このブログもそうなのだが、


そして、「A−1」
最高、超一流を意味する。
ドライジン、グランマニエ、レモンジュース、
(グレナディンシロップ)となる。
グレナディンシロップは入れるレシピと、
入れないレシピが存在するが、
入れない方が、一般的だ。


それよりも、「大友康平」氏、
私達の年代では、やはり「ハウンド・ドック」
演技の方は「、、、、」
が、やはり存在感はある。
数々の名曲があるが、全て青春の曲だ。
その中でも私は「ラストシーン」が、
大好きなのだが、2番の歌詞に、
「お気に入りの指輪、バスに轢かれて壊したやつさ」
とあるのだが、若い頃は何気なく口ずさんでいた。


が、大人になり、ある日思った。
バスに轢かれる、、、
どんな状況で、何をしていたら、
そんな事になるのだろうか?
その「ラストシーン」
大雨の中、歌う「大友康平」氏が、
これだ!

http://www.youtube.com/watch?v=lK48kPd2o_8&feature=related


最後に、「ウオッカアイスバーグ
意味は「氷山」
超一流と言われるバーテンダーは、
「氷山の一角」に過ぎない、と、言う事なのか、、、
▼クリックしてね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村