黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

九鬼一族 3

幕末から、明治維新へ、

混乱の中、三田藩最後の当主、

13代隆義の元、

藩の財政の立て直しと、

 

 

困窮する、三田藩士救済の為、

三田藩ラスト・サムライ

白洲退蔵が動いた。

高杉晋作を示唆する言葉に、

 

 

動けば雷電の如く、

発すれば風雨の如し、

それが、三田藩にも居たのだ。

白洲退蔵、

 

 

 

神戸港が近代港として、

 整備されると聞くと、

神戸初の輸入商社を設立、

名を志摩三商会と言う、

 

 

九鬼家の元の統治国、志摩国と、

三田藩の三を取ったのだろうか、

これが、大成功、正に雷電、行動が早い、

山の手で情報も少なかったはずだが、

 

 

が、違う、そう、川本幸民である。

理数系と文系の歯車が噛み合った。公民は友人である。

福沢諭吉を藩主、隆義に紹介している。

後に隆義は、洋学校の経営等で、諭吉より手紙で助言を受けている。

 

 

隆義は既に、外に目を開いていたのだ。

内ばかり見ていても、

何の進歩にもならない、

同じ話をグダグダ言うだけ、

 

 

なんの進歩の欠片も無い、既に幕末の人達が、

教えてくれているのだ。

外を見よと・・・何故、学ばないのだ・・・

実は、この志摩三商会も、諭吉の助言によるものだった。

 

 

その事により、

諭吉が慶應義塾大学を設立する際、

九鬼家の大きなバックアップがある。

恐るべし九鬼一族、

 

 

装甲船から、大学まで造るとは、

三田市民はもっと、

自慢するべきだ。

まだまだある。

 

 

藩の危機を救い、

富をもたらせた。

雷電、白洲退蔵、

九鬼義隆の命のより、

 

 

屋敷を提供し、

学校を設立、

そう、後の神戸女学院である。

そして、横浜正金銀行

 

 

後の、東京三菱銀行の頭取となる。

のだが、その退蔵の息子に、

もう一人の風雲児、白洲文平がいる。

その文平が、神戸に貿易会社、

 

 

白洲商会を創業、

莫大なる、巨万の富を築くが、

惜しくも、昭和3年の昭和金融恐慌で、

倒産する。

 

 

のだが・・・

やっと、ここまでやって来た。

いやー、長かった・・・

その文平の息子、退蔵の孫が、

 

 

明石家さんまさんの、

憧れの人物、

吉田茂の懐刀と、言われ、

こう呼ばれている。

 

 

マッカーサーを叱った男と、

戦後の風雲児、

伊勢谷友介氏が、ドラマで演じた。

そう、白洲次郎である。

     つづく・・・