黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

山で眠る・・・

何の事だろう、

暫く解らず、

ネットを潜った。

下山・・・

 

 

私は、ずっと彼を、

応援していた。

前の日の夜も、

ブログを覗いていた。

 

 

CA3からの報告、

元気そうだ。

良かった。

が、次の日、お酒の発注をしている時、

 

 

信じられないニュースが、

遺体で発見・・・

彼のブログは時折見ていた。

CA3からの報告の後に、

 

 

下山すると、

それは見ていなかったので、

何の事か解らなかった。

残念だ・・・

 

 

彼を応援していたのは、

積み重なる、誹謗中傷の山、

自分のやりたい事の為とは言え、

よく耐えたと、私はそこに敬意を表する。

 

 

そして、又、亡くなったにも関わらず、

批判の嵐、日本人のする事では無い、

いや、もはや日本人の心など、

この世界には無い、

 

 

名を名乗れ!

まあ、無理か・・・

匿名社会、偉そうに言っても、

たがが匿名・・・チャンチャン・・・

 

 

何を書いても自由だが、

何を書いても自由という名の言葉の暴力、

しかし、まあ、匿名のオッサンの言葉を、

良く信じるものだと、感心する。

 

 

そして、あーだ、こーだと、書いてないで、

己がやれば良いのに、

やりたい事も出来ず、

挑戦する勇気も無い、

 

 

が、目立ちたい、

そんな輩が集まる場所、

それが、ここだ。

私はずっと挑戦している。

 

 

BARなど無かったこの街で、

何年耐えれるか、

何処まで行けるか、

そして、18年、

 

 

戦いは想像を絶し、

誹謗中傷だけが、波のように、

押し寄せる。

何故、直接店に来て言わないのか、

 

 

面と向かって言えば良い、

いつも、開いてますよ!が、それも恐いようだ。

なので、陰口・・・

手の施しようも無い、

 

 

まあ、そんな人間には興味も無い、

下山家と言われ、

金集めの口演と言われ、

無謀だ。実力も無い、

 

 

じゃあ、あんたがやれよ!

まずは、その意味の解らん名前を、

実名にしろよ!

と、言いたくなるが、我慢しよう、

 

 

いや、言っている。

まあ、匿名と言う、透明マントを、

着ていたら、一千万馬力だが、

脱げば4ストの15馬力ぐらいだろう、

 

 

う~ん、実に燃費が良い・・・

では無く、私もこの街の陰口、

誹謗中傷に何度も心折れかけたが、

色んな人が支えてくれた。

 

 

その中の一人だった事に、

間違いは無い、35歳の青年が、

耐えているのだ。

私も頑張らねばと、

 

 

沢山の力を頂いた。

大小はあるが、同じく誹謗中傷に耐える。

友として、

同じく挑戦し続ける者として、

 

 

無謀・・・

この下町で、一杯数万円の

ウイスキーを売るのも、

無謀だろう・・・

 

 

そして、お父さんに伝えしたい事がある。

ブログ故に、言葉足らずになりますが、

私も出来れば、こういう息子が欲しかった。

不本意ながら、追悼の意を、

 

 

栗城史多さん、やすらかに・・・

 

 


ファイト!