黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

寡黙なる龍 2

友人が尋ねて来た。
自分の父親の戦争の足跡を知りたいと、


話を聞いた。
検索をした。
私も詳しくは知らなかった。
しかし、驚くほど情報が溢れている。
私が知らなかった。
いや、私だけでは無いだろう、


第二次世界大戦
こういう部隊があった。
「小豆島突撃隊」


友人が厚生労働省に、
軍歴証明書を取り寄せた。


そこにその文字があった。

「小豆島突撃隊」

階級は低いが、名を「明石」
多分、年齢的には当時19歳か20歳、
その「小豆島突撃隊」に


配備されていたのは
特殊潜航艇、「蛟龍」(こうりゅう)
所謂、小型の潜水艦、
五人乗りのようだ。
ウィキペディアではこう書かれている。


日本の「切り札」すなわち水中の特攻兵器
(但し、攻撃手段は体当たりではなく魚雷)


妙に矛盾した文章だ。
特攻兵器とあるのに、
基本は魚雷攻撃のようだ。
確かに魚雷の練習をしたと言う、
記述は読んだ。
その魚雷が無くなれば・・・
と、言う事なのか、


終戦間際にかなり生産されたのだが、
実戦に使われた記録がほぼ無い、
沖縄戦に三艘、
それもいまだ戦果は解らず、研究中のようだ。


が、逆に情報は多い、
生存者が多いからなのだろう、
それは何故か、
勿論、帰って来たからなのだ。

「回天」や「桜花」等は、
標的があるからこそが大前提で放たれるが、
しかし、一度放たれればそれは死を意味する。

が、この「蛟龍」出陣=死では無かった。
搭乗員達は勿論、覚悟しての出陣だと思う、


昭和20年8月13日、
次々と出陣していくと、
そしてそのまま終戦を迎え、



「蛟龍」は帰って来たのだ。
この時代、時勢の中勇気ある帰還だったと私は思う、
搭乗員達の心中を私ごときには計り知れない、


現にこういう形で終戦を迎え、
不穏な空気が流れ、
それを察知した上官から、
隊員一同に一本のウイスキーが与えられたと、
それを山の上で飲んだと、
歩けなくなるぐらい、


丁寧に書かれていた。
そしてその記憶力にも感嘆した。
そういう記述に何度も目を通した。

が、やはり「明石」と言う名は探せなかった・・・
もう少し調べてみようか、


そう思った夜だった。
終戦を迎え行き場の無い、
言葉で表現の出来ない思いを抱えた「蛟龍」隊員達に、
上官から渡されたと言うウイスキーの事を思い出し、
店が終わってから、
一人で飲んだ。


そのウイスキー
名を「サントリー 角」だったと言う、





いつもとは違った味がした事は、
言うまでも無い・・・