黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

寡黙なる龍

近年「永遠の0ゼロ」と言う、
小説が映画化され話題となった。
自分の祖父の戦争での足跡を尋ねる。
そういう内容だったような、


その日は兎に角寒い夜だった。
寒波が厳しく、
店もいつもの如く静かに「トム・ウェイツ」が流れていた。
そんな夜に学生時代の友人が尋ねて来た。


最近親父さんを亡くされた。
平成25年3月26日、
親父さんは高齢で、
私の父と同じく、
大正生まれ、
享年87歳だったと、


私の父は酒を飲むと饒舌で、
戦争時、満州に渡り食事係を担当し、
奮闘したこと等をよく話していた。
死に物狂いで、毎日、毎夜の食事を現地で調達する。


それ故に私の戦争のイメージは、
銃弾や爆弾、特攻、死というよりも、
食料を探し、ひたすら歩くひもじさの方が強い、


虫や死肉までも食べ、
必死で帰って来た。
何も無くなった荒野のような日本を目指し、
それを復興させ、
子を育て毎晩のように戦争の悪夢に奇声を上げ叫んでいた。



年末には同じ部隊の方々が数名尋ねて来て、
宴会が始まり、最後は皆で肩を組み、
「ここは御国の何百里・・・」と歌い始め、
「時計だけはコチコチと・・・」のところで、
皆が、意味意味不明な大声を出し、泣き崩れていた。
生き残った者達の苦しみなのだろう、


そんな私の父とは逆に、
友人の父は何も語らなかったと言う、


友人は親父さんが戦争時「回天」
人間魚雷に携わっていたと聞いていたと、
しかし、お亡くなりになってから、
厚生労働省に申請を出し、
軍歴証明書を取り寄せた。


それを私に見せてくれた。
そこに書かれていたのは、
違う事実だった。


友人は、そこで父が何をしていたのか、
どんな役目をしていたかを知りたいと、
いや、私とてこの部隊の事は詳しくは知らない、
調べて欲しいと言う友人に、
ビール3杯の報酬を要求した。


友人は快く了解した。
が、その日から私の地獄の検索が始まった。
寡黙な友人の父が語らなかった物語、
私がこじ開ける事になった。


「寡黙なる龍」
その龍の名は「蛟」(みずち)と読み、
「蛟龍」(こうりゅう)と言う名の、
潜水艦、特殊潜航艇、
友人の父が所属していた部隊は、


「小豆島突撃隊」と言う、
海中の特攻隊だった・・・