黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 やはりそうか・・・

20代の前半、
まだシングルモルトウイスキーが、
日本にそれほど入って来ていなかった時代、
一本のウイスキーに出会った。


独特なデザインのボトルにひかれて買った。
今では何事も無く飲めるのだが、
当時はかなり手こずったのを覚えている。


名を「トミントール」
近くにある町の名前なのだが、
ゲール語で意味は、
「納屋の形をした丘」


この蒸留所の近くには、
「グレンリベット」がある。


どちらも「リベット谷」
このネットのおかげで、
色んな方がスコットランドの蒸留所を訪れ、
ブログを書いてくれているので、


様々な画像を見れる。
特にこの「トミントール」の蒸留所は、
撮影もOKのようで、
かなり詳しく見る事ができる。


私もそれを見せて頂いている。
有難い話だ。


その「トミントール」なのだが、
少し前に購入した33年が、
開封直後、驚異的な香りを放った。


しかし数年経過すると、
少し香りが弱くなっていた。
やはり開封直後、


それは蒸留所サイドも、
そう思っているのでは無いのだろうか、
だから、こういう形で販売しているのでは?


そう思い買ってみた。
「トミントール33年」ミニチュアボトル、


数本出たが、
やはり驚異的な香りを放った・・・


体験されてみては如何ですか?

この商品はアンダー30です。
20代の方はお安くしております!