黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 続「オーディン」を語る 

その日は静かな月曜日だった。

物静かな青年と二人、

ハイランドパーク「オーディン」を注いだ。

高価な一杯を嬉しそうに、

眺める青年、

まだ20代の若者が、

ウイスキーと真っ向から向き合っている。

何と言う光景だろう、

 

 

キリマンジャロの雪解け水が流れ込む、

清流の前に立っているようだ。

実に清々しい、

キリマンジャロには行った事は無いが・・・

 

 

いやそれよりも「オーディン」だ。

「行きますよ」と、声を掛け、

グラスを近づけた。

次の瞬間、

ん?んん?こ、これは・・・

目の裏側に銀色が浮かんだ。

シルバー?銀色?

 

 

照準器のように黒目が動き、

カウンターを舐めるように走った。

 

 

まさか?こ、これか・・・

さあ、話が長くなる。

続きはお店でと言うと、

ラオウが好きな滋賀の方に怒られそうなので、

書こう、が、全く持って何の根拠も無い事なのだが、

 

 

ハイランドパーク「オーディン

年に一回出る限定品で、

過去に「ソー」

「ロキ」

「フレイア」と続く、

ヴァルハラコレクション、

北欧神話シリーズの最終章、

それが「オーディン」なのだが、

それぞれの神の特徴をウイスキーで現している。

 

 

まだ全て飲まれていない方もいるので、

簡単に説明すると、

「ソー」には雷神とハンマーを象徴するかのような、

一撃的な味わいがあり、

「ロキ」にはまやかしの神の如く、

香りが次々と変化し、

実体が掴めなかった。

「フレイア」は女神らしく、

シルキーな優しさを感じる反面、

微妙な粘りが心地よかった。

 

 

では「オーディン」は?

それには、蒸留所のある。

オークニー諸島の歴史が、

絡まって来るのである。

続きはお店・・・

いや、

      つづく・・・

 私にお金は入りませんが、

記事を読んだらクリックお願いいたします。

 

にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ カクテルへ

にほんブログ村