黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 「オーディン」を語る。

酒を語る・・・

酒は語る物では無い、

飲む物なのだと、

私が言ったらお終いなのだが、

私がそのウイスキーにどんな意見を持っているか、

それを聞きたいと、先日言われた。

が、私は思う、皆が皆同じ意見には決してならないはず、

北海道の方、関東の方、関西の方、九州の方では、

食文化も違う、

 

 

例えば懐かしい香りと言っても、

その土地土地のおふくろの味が違う、

もっと言えば空気が違う、

私の住む下町では、

幼い頃工場から鉄粉が飛んで来ていた。

近くに小さな町工場が沢山あり、

いつも化学薬品の妙な匂いで溢れていた。

 

 

海は近いが潮風にはヘドロとオイルの匂いがしていた。

美しい海岸の近くで生まれ育った方とでは、

海と言っても、

意見が違って当たり前だと私は思う、

それが面白いのでは無いのだろうか?

が、間違えはあくまで間違え、

ヨード臭の無いものには、

ヨード臭は無い・・・

 

 

まあ、本来はそれぐらいの話で良いと思う、

自分で感じ、思った事が正解なのだと、

慌てずとも飲み続ければ、

何かが解る日は来る。

が、解ったと思ってから、

艱難辛苦の道が続く、

そしてその苦労を楽しむ日が来る。

 

 

最も大事なのは自分の言葉で表現すると、

言う事だと思う、

ウイスキーの事をこのネットで書かれている方の意見は、

ほぼ蒸留所サイドの資料と同じ、

ただのコピー、それではあえて読む必要も無い、

逆にあまり詳しく書いたら、

推理小説の犯人を先に言ってしまうような、

 

かなり苦労して手に入れた。

ハイランドパーク「オーディン

開封日には多くの人が訪れてくれたが、

忙しさのあまり私は飲んでいなかった。

 

 

その次の日も、

忙しかった日の終わりは疲れているので、

甘味を強く感じる事がある。

ニュートラルな状態でと、

次の日に持ち越した。

 

その日は早くから青年が一人、

「まだ、残ってますか?」と現れた。

こんな高価なウイスキーが2日で無くなるなら、

私に苦労の二文字は無い、

 

 

「ありますよ」と、

本当に嬉しそうな笑みを浮かべる青年、

が、ハイランドパークはよく解らないと、

それならナビゲータを私が努めようと、

私も少し注いだ。

 

 

彼は少し特殊な仕事し、

大学でも研究をしていた事が関係しているのか、

かなり早いスピードで知識を蓄えている。

完全なるニュータイプなので、

こちらとしても、言葉は悪いが、

面白い、

では、行こう「オーディン」の道へ!

f:id:BARin:20150714120251j:plain

 

            つづく・・・

私にお金は入りませんが、

↓記事を読んだらクリック お願いいたします。

にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ カクテルへ

にほんブログ村