黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

平成になって・・・

平成になって早、25年、
平成生まれが、次々と来店すると、
過去の思い出も次々と噴出する。
この子達が生まれた頃、
何してたんだろうか?


車は何に乗っていたんだろうか、
ん?
こ、これか・・・

「ユーノスコスモ 20B」
バブルの象徴のような車、
スリーロータリーエンジン
シーケンシャルツインターボ
280馬力、


あの頃、こんな車で道路が埋まっていた。
オートマでスリーロータリー、
今考えれば、よくこんな車を作ったものだと、
感心する。



燃費は1L=4〜6kmと聞いていたが、
街中をチョロチョロ、そして渋滞、
そうなると、


夏場は1L=2km
おまけにオイルも無くなる。
後ろのトランクにまで、
ガソリンタンクが、入っている。
ロータリーエンジンは走れば、走るほど燃費は伸びるのだが、
街中では無理・・・


そして少し走ると、エンジンが火の玉のように熱くなる。
しかし、早い、恐ろしいぐらい早い、
「踏み込めば解る」この言葉に尽きる。
ロータリーの加速は半端じゃない、

が、大人のクルージングカーの設計、
ショックが高級車、
この馬力とスピードで柔らかい足回り、


コーナーが恐い・・・
が、やはりロータリーエンジンの高速回転の響きは、
今でも耳に残っている。
今こんな贅沢な車に乗っていたら、娘達には無視されそうだ。


いつの日か、再びこんなマシーンが走り回るような時代が来るのだろうか、
いやいや、時代はプリウスだ・・・


が、もう一度乗りたい、
娘達に無視されようが・・・
同世代には解って戴けるだろう・・・

↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村