黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

殺人ユッケ

すぐに書く事を躊躇った。
焼肉えびすの、
「殺人ユッケ」なのだが、
最悪の事件だ。
食に携わる者として、
衝撃を受けた。


土下座で済ませる事では無い、
しかし、恐ろしい事だ。
それで、お金を貰っている。
私は、元々神経質なので、
すぐに廃棄する。その分、
ロスも多いが、
さすらいの従業員、
名古屋人の金髪だ。


神経が図太すぎて、
こういう、商売には向かないのか、
未だに、「イチゴの上に、
物を置いてはいけません」
と、注意しなければ、
いけない有様だ。
そして、注意すると、
睨んでくる。


まあそんな事より、
今回の事件、
やはり、判断はプロ任せと、
TVで、何度も、
言っていたが、
この、プロが問題だ。
プロとは?


その仕事で、生活する者を指すのだが、
その線引きは、どこなのか?
免許を取れば、プロなのか?
そうでは無いだろう、


特に私達のような業界では、
実に解りにくい、
酒の扱い方は、
広く世間に伝わっていない、
裏のラベルに「要冷蔵」と書かれている酒を、
表に出している店は、
そこら中にある。


味の変わったウィスキーを、
平気で出している。
腐りはしないが、
酸化しているのだ。
味は、苦く、香りも無い、
そういう、事の延長が、
「殺人ユッケ」に繋がるのでは、
と、私は思う、


今回の事件、
何が、一番欠けていたのか?
知識、技術、そんな事より、
大事なもの、
それは、心だ、、、、
いちごの上に、
物を置いてはいけないのだ。