黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

一番の思い出の海・・・

出会いが多い分、

必然的に、別れも多くなる。

この仕事を、時折、恨む事があるが、

それは宿命的な十字架であろう、

 

 

元旦の日に倒れ、

そのまま帰らぬ人となった。

中学時代からの友人、

これと言って、深刻な悩み事も無い、

 

 

若い時代を一緒に過ごした。

悩みでは無く、

お互い人生を模索していた時期だった。

供養にでもなればと、

 

 

思い出話の一つでも、

と、思ったら、多すぎて、

何を話せば良いのかすら、

解らない、しかし、

 

 

北斗の拳ラオウのような、

体をしていた彼が、

いまだに、全く信じられない、

若き日にいつも、どこからか、

 

 

アルバイトを探して来ては、

一緒に行こうと誘いに来る。

色々とやった。

私の結婚式では、

 

 

乾杯の音頭を取ってくれた。

泉のように、思い出が溢れ出して来る。

書き出せば、一年ぐらい、

このブログが続くかも知れない、

 

 

と、まだ混乱している。

と、ここに書けない事も多い、

若気の至りと言うのか、

二人で、悪さも沢山したが、

 

 

今では、笑えるような、

事なのだが、しかし、

何度一緒に行っただろうか、

海へ・・・

 

 

その中でも、彼との一番の思い出の、

海の話をしょう、

あれは、幾つだっただろうか、

確か、二十歳を過ぎた頃だったと思う、

 

 

まだまだ、情報が無い時代だった。

波乗りも、少し乗れるようになった。

そんな時だった。

冬の日本海に大きな波が来ると、

 

 

なら、行こうと、

11月の下旬頃だった。

恐ろしく寒かった記憶がある。

私が当時乗っていたオンボロ車で、

 

 

高校からの親友と、

彼と、私と三人で、

しかし、道も解らない、

兎に角、北を目指そうと、

 

 

が、ドンドンと険しい山道になる。

霧も出て来る。

どこを走っているのか、

サッパリ解らない、

 

 

暫くすると、

市街地のような所に出たが、

全く道が解らない、

その時は、彼が運転していたのだが、

 

 

道をフラフラ歩く、

おじさんを見つけた。

すると・・・

     つづく・・・