黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

爆音おばさん・・・

静かな夜にJAZZを流し、

常連氏の若者と、話していた。

えらくお疲れの様子、

そんな時だった。

 

 

爆音が近づいて来る。

まさか・・・

き、来た・・・

知り合いの後輩が、

 

 

近所の居酒屋で出会ったと、

若い女性とおばさんを連れて来た。

いきなりの爆音、

鼓膜が破れそうな大声で叫ぶ、

 

 

まるでロック歌手のシャウトのように、

「ちょっと、もう少し静かに」

と、言うと、まあ、いつもの事だが、

怒り出す。

 

 

どうも先程の居酒屋さんでも、

何度も注意されたようだ。

「さっきの店でも、言われた、

楽しくしてるだけやのに!あの店なんやねん!」

 

 

この町でよくある。

七不思議の一つ、

物事には起承転結と言うのがあるのだが、

この町では、「起」の部分が何故か消える。

 

 

大声で騒いだ=起 がなくなり、

楽しくしていたら=怒られた

に、なる。

で、あの店なんやねん!

 

 

独特な風習である。

で、静かに飲んでるお客さんに、

「辛気臭いわ!葬式ちゃうやろ!」

と、どうも 酒を飲む=叫ぶ=歌う=踊る

 

 

と、言う公式があるようだが、

それにはTPOと言う物がある。

しかし、駅前の長年やられている。

大型の居酒屋さん、

 

 

金曜なので、満席だったと思うが、

居合わせたお客さんは地獄だっただろう、

それが当店のような小さな店に来たのだから、

より一層の地獄だ。

 

 

しかし、もうアクセル全開!

爆音は止まらない、デーモン閣下のような声に、

他のお客さんは次々帰って行く・・・

が、本人は来てやってるんだぞ!

 

 

と、強気な姿勢、

いくら来てくれても、

他のお客さんが帰れば、

逆にマイナスなのだが、

 

 

どうもそれが解らないようだ。

若い女性も、意味不明の言葉で、

隣の人に話しかけるので、

「他のお客さんはほっといて下さい」

 

 

と、言うと、

「この人、怖いから嫌い!」

はい、起承転結の起が無くなった。

見知らぬ人に意味不明な言葉で話しかけた。

 

 

の、部分は削除され、

いかにも、私が突然怒り出したようになっている。

この町、独特の慣習のようだが、

そして、おばさんの轟音は静まらず、

 

 

「次に来るか、どうかはあんたの態度次第」

の、ような事を言ったが、

いやいや、二度とお断りします!

お願いですから、二度と来ないで下さい!

 

 

なのだが、まだまだこの町では、

それが解らない人が多く、

来て欲しくないから、

そうしているのに、そこに噛み付いて来る。

 

 

完全なお手上げである・・・

まあ、そんな人でも、

お客さんとして、お金儲けとして、

許すお店もあるだろうが、

 

 

それは、私の感知する事では無いが、

この「大正区」を良くしたいと思う気持ちが、

欠片でもあれば、やはり、注意すべきだと思う、

よその町から、国から、来られる方も増えた。

 

 

そういう人が、轟音おばさんを見れば、

果たして、どう思うか、

「いい町だ!」と、なるだろうか?

この町を、良い町、良い町と言う人は、

 

 

自分にとって、都合の良い町なのでは?