黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

友人の母

私は私の友人のお母さんに、
大変お世話になった方が何人か居る。
その中でも、
高校生の時の同級生で、


大人になっても付き合いのあった友人、
その彼が昨年、
店に電話をして来た。
妙にその日は忙しく、
あまり話せなかった。


その友人の母は上品な方で、
私の母のような下町育ちの大阪のおばちゃん丸出しでは無く、
妙に憧れ的なものがあった。
友人と海に波乗りに行く時は、
五重のお弁当箱を渡され、
一緒に食べてねと、



そんな弁当箱を見たこともなかった。
家に遊びに行くと、
箱に入った高価なメロンをお土産にと、
そんなメロンも見たこと無かった。


その友人がつい先日、
妙な時間、
妙なタイミングで現れた。
しかしその日も妙に忙しく、
あまり話せなかった。


職業病とでも言うのか、
それからその友人の事が、
気になった。
何かを伝えに来たのでは、
今では疎遠となっていたが、
別の友人に連絡先を聞いて、


メールを入れた。
まさかとは思ったが、
「お母さん元気か?」と、
返事は予想通りだった。


「言い出せなかったが、昨年亡くなりました」と、


言葉も無かったが、
怒りのようなものを湧き上がった。
言ってくれよ・・・


その日は泥酔・・・
溢れる涙の止めようが無かった。
あの優しい声を思い出すたびに・・・


その日から何故かこの歌が何度も頭をよぎる。なんでこの歌なのだろうか?
それは私にも解らない・・・