黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

修行が終わりに近づいた・・・

ついに、5月が終わる。
当たり前だが、6月になる。


3年・・・
長いようで、短いような3年間、
ブログ、たかがブログ、されどブログ、
何とか続いた。
もうすぐ3年、


石の上にも3年、
何事も3年続けて、扉が開く、
と、私は思っている。


が、自分で一応3年と言う期間を設定していた。
この先は気が楽になる。
いつ止めても、目標は達成したからだ。


しかし、このブログに助けられ、
突き落とされ、何かと大変だった。
悲しい事は多くの方が、
やはり止めて行った事だ。


どうされているのか、
いまでも感謝の意を述べたい方もいる。
しかし、ブログが止まった今では、
それも不可能な事だ。


嫌なコメントもあった。
自分が気に入らない事だけ、
反応してくる。


この正体の解らない、
人達と初めて対峙したのも、
ブログだった。


あなたは誰ですか?
歳を取っていると言うが、
文面は中2、
もしかしたら、中学生が書いているかも、
まあ、可能性が無い事は無い、
それも、ブログだ。


が、大体は解った。
何を書いたら反応してくるか、
まあ、発言する場所を間違えれば、
我が町の長のようになる。


まあ、自分で掘った。墓穴なので仕方ないが、
お疲れ様です。


しかし、まあ、圧巻の発言は、英語が話せない・・・
それなら国際問題に触れない方がいいのでは、
と、誰しもが思うだろう、
例え間違った事を言って無くても、
言葉の取り違え、文章の解釈の違いは、
このブログで嫌と言うほど味わった。


日本人が、日本人に向けてもだ。
が、大事なのは、正義の反対が悪では無い、


もう一つの正義なのだ。
しかし、一番助けられたのは、
惜別、
ここ数年、何度も親しい方の死に直面した。


このブログで何度も書かして戴いた。
書くだけで、かなり気がまぎれた事は確かだ。
そして、今、又一人旅立とうとしている。
近日、見舞いに行く予定だったが、
もう、そういう時期でも無いようなので、
断念した。


音楽を通じて、水商売の仲間として、
長い時間、同じような道を歩いて来た。
私と同じ歳の女性、
しかも、驚いたのは、
私が毎日のようにうろついている。
西区は九条の病院のようだ。


もう少し早く知っていれば、
後悔が残る・・・・
何度、こういう目に会うのだ。
しかし、先人達は、もっともっと味わっているのだろう、
特に戦争だ。
と、書くとやられるので、
注 「戦争とは、戦場に行った兵士だけを指すのでは無く、
内地に残った者、いやその時期に生きていた者、
全ての命を含む、それを略して戦争と書きました」
何とも面倒臭いが、
こうしないと上げ足取りに狙われる。


その時期に生きた人達は、
理不尽な死に、何度、直面した事だろうか、
それを思えば、乗り越えられる。
いや、当然、乗り越えないと、


私は戦争に同感している訳でも、
美化している訳でも無い、
死にたくないのに死んで行った方達(内地の方も含め)の、
屍の上で、酒を飲み、歌を歌い、
こんな下らない文章を自慢げに書いている。


だから、死ぬまでは生きようと、
いや、生かされているうちは生きようと、
臭いものに蓋をせず、
今、直面している苦しさと戦う為にも、


戦争の悲惨さを、
本当の真実を、伝えるべきだと、
私は思うのだが・・・


友よ、会いに行けなくて、
すまない・・・



↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村