黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

流木拾いBy大和川

何度も、行っているのだが、
流木拾い、又、何かを始めようとしている予感を、
漂わせながら、大和川に出掛けた。
小雨が降ってきたが、無視、
川原を走り回った。


広大君を連れて行ったが、
フラフラになっていた。
若いのに体力が無い、
次々に、引っ張り出した流木、
何年も通うと、どれがいいのか、
瞬時に判断出来る。


が、その時、事件が起こった。
大和川には、小さな水門があるのだが、

その水門の中で、バシャバシャと、
大きな音が、でかい魚か?
なんだ??
恐る恐る近づいた。


何かが、蠢いている。
ヌ、ヌートリアか?
いや、黒い、
あの顔、あの耳、
ね、猫だ!
猫が溺れている。


慌てた、鍵をポケットから出し、
財布を置いて、上着を脱いだ。
助けなくては、柵を越えた。
ん〜、ためらった。
川が、汚い、、、
すると猫は、上の段に飛び乗った。
目が合った、、、
ずっと合ってる、、、


剣の達人同士の間合いのような、
時間が流れた。
だ、大丈夫か?
と、一歩前に出た。
瞬間、猫は柵を飛び越え、
風のように走り去った。
よ、良かった、、、


さあ、流木拾いだ。
しかし、難関はこの小さな崖だ。

ここをでかい、流木を担いで登る。
重労働だ、、、
そして、今回の成果がこれだ!

車の中が一杯になったので、
サーフキャリアにも積んだ。

こ、これで帰るのか?
は、恥かしい、、、
さあ、この流木たちが、
どうなるのか、お楽しみになのだ!
アクセスランキングに参加中!
良かったら押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村