黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

祝 入学式

雨の中、次女美音の入学式に行って来た。
いや〜驚いた。3時間を越えた。
もう少しで、気を失いかけた。
長い、式はさほどでも無かったのだが、
その後の、説明会、報告、
訓示、次々と先生方が、語る語る、


やはり、工業高校、男子が殆んど、
今の子は背も高く、体格もいい、
教員の方々のご苦労も、
計り知れないだろう、
かなり、きつい口調で話されていた。


中には、自己顕示欲の強い方もおられたが、
それは、それでいいだろう、
しかし、長い、まあ私が通うのでは無い、
今日一日の事だ。ガマンしょう、そして驚く事があった。


式の最中に写真を撮られていた年配の、
女性の先生がいたのだが、
何度も、横を通られた。
見覚えがある。
私の妻も、私と同じ学校だったので、
やはり、見覚えがあるとの事、


退場する時、凄い巨乳の若い先生に、先導されたのだが、
その方に、その先生の名前を伺った。
やはり、、、
なんと、私と妻の高校の時の恩師だ。
T岡先生、私のこの文章の一旦を担っている。
現国の先生だ。


後で、呼んでもらった。
「坂本!」私の肩を叩き、
大きな声で、先生が叫んだ。
覚えてくれていた。


そりゃ〜そうだ。
何度もいじめてやったし、
高校では一番目立っていた私だ。
が、一目見て解かるとは、
素晴らしい、しかし、この先生には、
いつも、褒めてもらっていた。
作文だ。いつも、文章を褒められていた。
色んな本も教えてもらった。


この先生に教えて貰った事を、
今でも覚えている。
「私が国語が好きなのは、
基本的に、国語には、不正解が無い、
あなたがそう思えば、それが答えなのです」


なるほど、と、今でもそう思う、
それは、言いかえれば、
自分の意見を持つと言う事だ。
しかし、驚いた。
30数年ぶりの再開だ。
お元気そうでなりよりだった。


「娘さんか?」
と、聞かれたので、
「はい、生意気な娘です」
と、答えた。
「そういえば、生意気そうな娘がおったな、
どの子や」と言われ、娘を呼んだ。
娘が来た瞬間、


「やっぱりこの子か、
なんや、このミニスカートは」
私は、ドラマ「バーテンダー」に登場する。
葛原さんのようなバーテンダーの正装、
娘はパンツが見えそうな、
超ミニスカ、
ん〜親子で何も反論できない、
しかし、30年の時を越え、
このような、再会を果たすとは、
運命とは実に面白い、


確か、先生は途中で、
産休の為、居なくなった。
それ以来だ。


嫌な事ばかりある毎日だが、
久しぶりに、嬉しい事があった。
実にいい一日だ。
そして、入学祝は受付中だ、、、、