黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

下町野良猫物語 5

遂に均衡を破り、

毛利水軍と九鬼水軍の激戦地に、

舞い降りた。

刺客、ブラック・・・

f:id:BARin:20180708193229j:plain

 

すると、すぐに異変は起こった。

チョビが店先に来たのだが、

けたたましく鳴き始めた。

その先には、道路の向こうに金ちゃんが、

 

 

何かを伝えようとしている。

多分、

敵襲!

敵襲!

 

 

暫くして、チョビは居なくなった。

すると、表で、異様な鳴き声が、

な、何だ?

と、慌てて表に出ると、

 

 

金ちゃん、ピーンチ!

慌ててスマホを向けたが、

焦って、上手く作動しない、

そこには、ブラックに後ろを取られている。

 

 

金ちゃんが、この体勢は、俵投げか、

いや、バックブリーカーか?

いや、違う、ま、まさかの、

アルゼンチンバックブリーカー・・・

 

 

唸る金ちゃん、二匹とも、

道路の真ん中で、唸り声を上げながら、

微動だにしない、

私は慌てて、コラッ!と、叫んだ。

 

 

すると、金ちゃんが、

離れ、スタスタと、

公園の方に、

が、何故かブラックが動かない、

 

 

ま、まさか、金ちゃんが、

秘孔を突いたのか、

金ちゃんは、北斗神拳伝承者なのか、

全く動かない、ブラック、

 

 

そこに、猛スピードの車が、

あ!バッキ!

え!マジか!

凄まじい音が鳴った・・・

 

 

オーマイガー!

ブ、ブラック・・・

続きはお店で!

     THE END

 

★外の灯りは消えていますが、

夜は店に居ますので、

お気軽に覗いて下さい!