黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

おとん通信 ロボット

先日、バカな話しを書く私のブログに、
知らない人が、ツイッターに言及してくれたら、
アクセスがかなり伸びていた。


へぇーそんな事になるのか、
悪コメとはかなり違う、
「おかん通信」が面白かったようだ。
なら、「おとん通信」を、


記憶なら、時は秋、
小生は小二、
何だったろう、ぼやけている。
濃霧の中の想い出引きずり出し、
バラバラのパズルを合わせた。


貧乏な家には似合わない、
大きなTVを観ながら、夕飯を、
「何か、工作の発表会があるねんけど、
ロボットを作りたいねん」


おとんが何かを食べ、TVを見ながら、
「ふーん」と言った様な、


数日後、大きな袋を抱えたおとんが帰って来た。
中から、バラバラになった発砲スチロールが出て来た。
「ボンドはこれや、他のんやったら、スチロールが解ける」


どうも、既に実験をして来たようだ。
そして、
「これを、こうさして、次はこれを・・・」


何かの作り方を説明している。
(何だろう・・・)


学校に持って行き、
言われたように組み立てた。
何だこれは?


大きな箱のような物が出来た。
先生が来た。
「これは何ですか」


知らない・・・

おとんに聞いてと言いたかったのか、
「おとん・・・」と言った。

「え、お父さん?これ、お父さんなの?」

「・・・・」


完全に不思議少年だ。
夢と現実の狭間を自由に泳いでいる。
一人では抱え切れないような、
大きな物になり、友達が手伝ってくれた。


皆、作品を講堂に運ぶようだ。
その講堂の前に、裏門がある。
その裏門の真正面におとんの店がある。


運んでいる時、
私を呼ぶ声が、
おとんがその裏門に・・・・

         つづく

↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村