黄昏ウイスキー TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

私の初詣・・・

私の父は、戦時中大阪の歩兵部隊だった。
満州からの帰還兵だ。
子供の時、大晦日、正月になるとTVの中が、
有名な神社の、
初詣の人の、波、波、
大阪では、住吉大社だ。


深夜零時を回る。その頃になると、
「行こうか?」
又、あそこか・・・
父に連れて行かれる初詣、
その神社はTVの中の神社とは違い、
当時人影が、全く無い、出店も無い、
凄く寂しくなる。
しかも、住吉大社のすぐ近く・・・


何年かが過ぎ、ある時、父に聞いた。
「なんで、ここなん?」
そりゃそうだ。
楽しそうな初詣の映像・・・
しかし、その神社には、

人影も無い、
父が言った。
「正月ぐらいはここに、来たらなあかんねん」


意味が解るまで、
長い月日が流れた。
大人になり、友人と違う神社に行くようになった。
そして、最近、終戦記念日や正月に訪れるようになった。


誰もいなかった神社、
それはこれだ。

「大阪護国神社
大阪の歩兵、
そう英霊たちの眠る場所だ。
こういう物がある。




父は初詣ではなく、
英霊に会いに来ていたのだ。
「正月ぐらいは・・・」
の意味が解ったのは、
すっかり大人になってからだった・・・


   つづく・・・