黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

激闘!クルム伊達

凄い試合を見た。
夜中、その日は暇過ぎて、
早く終わった。
と、言うか、これが見たかった。
クルム伊達
ウィンブルドン2回戦、
VSヴィーナス、
第二セットに間に合った。


第一セットが観たかったが、
仕方ない、
しかし、凄い、
40歳、
この体力、
しかし、ナブラチロワの、
47歳勝利の記録がまだある。
頑張れ!伊達公子


流石に、学生時代はテニス部だっただけに、
この心理戦の凄さが伝わってくる。
そう、テニスとは、心理戦だ。
プレッシャーを掛けに行くが、
逆に掛けられる。
攻防、汗、筋肉が光る。
この日のヴィーナスは絶好調だ。
く、悔しいが、
それでも勝たなくてはいけない、


クルム伊達
セオリー通りのテニスを見せつけ、
いきなり、裏をかく、
ここ一番、大事なサーブ、
丁寧に、丁寧に、慎重にと、
心で思った瞬間、
ズバッ!
豪快なサーブ、
信じられない、
ここに来て、この神経の強さ、
正に勝負師だ。
いや、侍だ。
普通の勤め人、
サラリーマンには、
考えられないだろう、


特に、守り専門の職種には、
想像すら出来ないだろう、
しかも、一か八かでは無い、
決まる。
これは、物差しの長さの違いだ。
プロのテニスプレーヤーとしての、
長い、長い物差しを持っている。
しかし、これが世間で当てはまるとも、
限らないだろう、
私も、人の前に立つ仕事をしている。
その人間が、会社の愚痴や、
上司の悪口ばかり喋る人間では、
誰も来ない、


しかも、真面目で堅物、
それもキモイ、息苦しい、
やはり、世間の物差しと、私の物差しは、
違ってくるのは、当たり前だ。
それを、2mmぐらいの物差しで計られたら、
そりゃ〜訳が解らないだろう、
と、いう事だ。
経験や、職種により、
物差しの長さは変わる。
当然だ。


いやぁ〜しかし、
負けたが、良かった。
黙々と、淡々と、
しかも、豪快、
器だ。器の大きさが違う、
本では得らない、
知識と技術を持っている。


クルム伊達の大健闘!
ウィンブルドン センターコート
客席が、オール スタンディングオベーション
皆が健闘を称えている。
涙が出そうになった。
私も頑張ろう、
あなたもまだまだ、
頑張る余地があるのでは、、、