黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

BAR inの離れ、プライベートBAR

ゴールデンウィークだー!
ロイヤルウェディングだー!
過度の自粛は控えよう!
と、言いながら、寝ている以外は、


働きっぱなしだー!
プライベートBARの内装を、
新しくして、全開!再始動だ!
裏のテラスが出来た。
ローズバンク号を泊めている桟橋から、
見たらこんな感じだ!

流木でデザインした。
階段の手すりと、柵、
ん〜芸術的だ。


店内からは、尻無川が見える。

こうして見ると、
エメラルド・グリーンに見えて、
綺麗に見えるのが、不思議だ、、、
外に出していた仮設のトイレも、
撤去し、室内のトイレを共同で、
使えるようになった。


ここを何度手直ししている事か、
しかし、若い人が、何かしたいというなら、
応援してあげたい、
私は、常に応援しているだけだ。
が、我が町ではあまりよく言われない、
ん〜不思議だ、、、
が、そういう人ほど、
自分が儲ける事しか考えていない、
事も確かだ。


しかし、ん〜だ。
付加を抱え過ぎたのか、
し、しんどい、、、
が、「来るものは拒まず、
去る者は追わず」
これを、貫いて来た以上、
今更、弱音は吐けない、
しかし、大変だ。


又、新しい新人が入った。
広大君だ。
な、何人抱えるのだ、、、
その広大君に新しく店を持たせる為、
一人、奮闘している。


毎日、ブログを書き、
酒の発注をし、
プライベートBARの工事をし、
金髪に足を引っ張られ、
何度も、流木を拾いに行き、
メニューを考え、
新しい店の、家主と打ち合わせ、
建築士の坂田氏と、図面の打ち合わせ、
後輩の建築会社との打ち合わせ、
オークションで、厨房機器の入札を入れ、
販売する物の資料を集め、
業者さん達との打ち合わせ、


ウサギの世話をし、
犬の面倒を見て、
人の店の工事を手伝い、
人の店の周年の企画を考え、
酒の発注を手伝い、
そして、店に入り、
酒を飲む、
死んでまうわ!


一つの仕事の一つの事で、
悩んでいる人が、
殊更、羨ましい、、、
ブログを書く時間まで入れると、
勤務時間は、一日、15時間を越える
が、振り返ると、ずっとそうして来た。
いつも通りだ。
まだまだ行けるぞ〜!


心血を注いだプライベートBARは、
もうすぐ発動だ!
担当は、先日まで研修に来ていた
嘉陽君だ。なかなかのイケメンだ。
お楽しみに!
店名は、BAR髑髏(ドクロ)なのだ。
これでいいのだ!