黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

祝 卒業式

本日3月11日遂に、
下の娘、美音が中学校の卒業式を迎えた。
やっとここまで来た。
もう少し、もう少しで、親の責任から逃れる事が出来る。
やりっ放し、産みっ放しは、最低の行為だが、
最近はそれも、普通になりつつある。
恐ろしい事だ。


あんなにも小さかった娘が、
もう高校生だ。
無事、高校入試にも合格、
自分が行きたかった高校で無かったのは、
本人も悔やまれるだろうが、
それが現実だ。


人生など、思うように行く方がおかしい、
小さな時、携帯に電話を掛けて来て、
「お父さん、淋しいの、、、」と、
泣いていた娘が、
そう思うと、胸が詰まる、
上の娘、セイラは病気がちで、
手が掛ったが、美音はいたって元気だった。


その分、あれこれとしてあげた事は多い、
サーフィンも教えた。
今では、小さな波なら、乗りこなす、
我が子が、波に乗る姿を見たら、
いつ死んでもいいという気持ちになった。


親馬鹿かも知れないが、
絵も上手い、多分、少しの文才もあるだろう、
クリエターになり、
自分の才能で、食べて行くような事を、
して欲しい、と願うが、まずは、病気をせず、
事故に合わず、元気でいてくれる事、
それが全てだ。
まあ厳粛な卒業式だ。
やはり親として、スーツで決めて行かないと、
と、思い、そうした



そ、それはライダースーツだ、、、
帰りに、ビックスクーターで、
ガンガンに走ってやった。


悪そうなグループの男の子達が、
睨んで来るので、バイクを止め、
ずっと見つめてあげた。
一人ずつうな垂れた。多分、
アリの巣でも探しているのだろう、
大人が毅然とした態度を見せない事も、
若者達が暴走する要因の一つだ。
高笑いをして、走り去ってやった。
娘には黙っておこう、、、



私のブログ等、興味の無い、
娘達なのだ。見る事も無いだろうが、
この詩を送ろう、


宮澤賢治 「たび人」
あめの稲田の中を行くもの
海坊主林のはうへ急ぐもの
雪と山との陰気の中へ歩くもの
もっと合羽をしっかりしめろ


父からは以上だ。
おめでとう!