黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

書き続けている

書き続けた結果、自分自身のスキルアップには
大きく繋がった。書くスピードは飛躍的に速くなり、
そして、インターネットの事も良く分かった。
そしてこの社会には意外と、常識人、知識人
が多い事も解った。


やはり何でもやって見ないと、解らないという事だ。
やらずにとやかく言うのが、最低の行為だと言う事を、
改めて認識した。
そして自分の感情や、意見等はある程度のモラルの中では、
言論の自由なのだが、
専門知識には、正確な記述が必要と言うか、
適当では駄目だと言う事も解った。
そしてそれを調べるための、専門のサイトもあるのだが、
それには見極めが大事だ。それも良く分かった。


個人のブログだからといっても、
そこを疎かに出来ないという事だ。
今書いているような、私的な意見ならいいのだが、
医療等の事には、正確な記述が求められる。
それが最大のモラルなのだ。
簡単に言えば、病気や医療等の事を書くと
その病気で苦しんでいる方や、
その病気で苦しんでいる子供の
御両親等が書いているブログ等と
同じ場所に、公開した瞬間、肩を並べる事になる。


バイクの事を書けば、バイクマニヤのブログと並ぶ、
車を書けば、車マニヤのブログと並ぶ、
釣りを書けば、釣りマニヤのブログと並ぶ、
酒の事を書けば、見ず知らずのBARのマスター達のブログと並ぶ、
そこはプロなのだから、間違いは絶対の許されない、
そして一つの記事は、数え切れないぐらいの
細胞分裂を起こし、全世界に広がる。
それも瞬間に、凄い事なのだが、非常に怖い事でもある。
これもやった者にしか解らない、プレッシャーなのだ。


最近は「公開する」をクリックするのを、
何度も躊躇うようになった。
このブログに対しては、決してふざけてはいないのだが、
面白可笑しく書くことには、勤めている。
そこに取り違えがあれば、、、
と、考えると怖くなるのだ。
しかし自分でも感心するのだが、
ここまでよく書くことがあるものだと、
そして怖いと言いながらも、結構な毒舌を吐き続けて
いる事も、否めない、、、


毒舌?ん?
そうだあの半ケツのキレたり、泣いたりの「キモイ」発言の
バカを何故マスコミは追いかけまくるのか、
全く解らない、起きるのが昼前なので、
寝起きにこれだ。「エステ行きました〜」「ボディーで〜す」
バカか、一体何なんだ?え、国民はあれを観て本当に嬉しいのか?
何を考えているのだ!あの生意気な態度が、カッコいいとなれば、
世の中にクソガキが、充満するだろう、そしてハイパー君だ。
私と同世代だぞ、しっかりしてくれ、君の娘でもいいぐらいの小娘に
「キモイ」とまで言われて、それでもいいのか?
私には信じられない、次はきっと「クサイ」になるぞ、
挙句には「ソチン」だ。
目を覚ませ!


ん〜今日は何が言いたかったのか、
さっぱり解らん、、、