読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

ぶらーん・・・ 3

「ターザン」ごっこから、

仮面ライダー」ごっこ、

子供は何でも真似をして、

危ない目に会う・・・

 

 

あれは、何を真似したのだろうか、

記憶が定かでは無い、

何故か銭湯で潜水するのが、

流行っていた。

 

 

多分「海底少年 マリン」か、

若しくは「海のトリトン

なのだが、

その銭湯の深い湯船と、

 

 

浅い湯船の間に、

湯が行き来する。

小さな四角い穴があり、

小学生なら潜り抜けれる。

 

 

それで、遊んでいた。

少し大きくなり、

高学年になった。

その日、銭湯には誰も居なかった。

 

 

ぼやーっと、湯船のへりに腰を掛け、

座っていた。

すると、その穴の事を思い出した。

良く潜ったな~・・・と、

 

 

それを思い出すと、

無性に潜ってみたくなった。

が、体も大きくなっている。

しかし、今日で最後にしようと、

 

 

一人湯船に潜った。

そして四角い穴に、

上半身が抜けた瞬間、

腰に痛みが、

 

 

ん?と、思ったら、

体が動かない、

前にも、後ろにも、

腰が穴にがっちりと、挟まっている。

 

 

く、苦しい・・・

必死でもがいた。

が、動かない、

そして、銭湯には誰も居ない、

 

 

湯船の下のタイルを、

指で引っ搔いて、

前に、何とか前に、

気付くと、浅い湯船で、

 

 

ぐったりしていた・・・

腰の皮はめくれ、

血がにじんでいた。

死ぬかと思った・・・

 

 

今でも湯船のタイルが目に浮かぶ、

確か、小学5年生だったと思う・・・

もう少しで「小5男子湯船で挟まって溺死」

と、言う意味の解らない、記事になる処だった・・・

 


海底少年マリン

 

しかし、このアニメ、

今考えると、壮大過ぎないか・・・

七つの海を子供一人で引き受けるとは・・・

 

 

 

↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村