黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

世の中が荒んでいるのか・・・

毎日毎日、
殺人、殺人・・・
TVから聞こえて来る。


人を殺してみたかった・・・
馬鹿なのか?
しかし、この世の中には残酷な描写のアニメ等も多い、
最近リメイクされた「寄生獣
若い時に熱中して読んだ。
だから・・・なのだが、


かなり不気味な「テラフォーマーズ
こういう独特の世界観を持つ漫画の源流は何だろう?
支流を遡った。
ふと、思った瞬間頭に浮かんだ作品がある。


1974年に第七回「手塚賞」を受賞し、
あまりの完成度高さに何かのSF小説からの盗作ではと、
疑われた作品、

私は11歳、
これを読んだ時の衝撃を忘れない、
今でも時として脳裏に浮かぶ、

名を「諸星大二郎」氏
うる星やつら」の高橋留美子先生の
諸星あたる」の諸星はこの方から貰ったと言う、
多くの方々に多くの影響を与えた。


当時の「週刊少年ジャンプ」に載ったその短編の名は、


「生物都市」


独特の世界観、
懐かしくなり、
買ってしまった。


50歳を過ぎた私が、
今でも恐かった・・・

彼方より―諸星大二郎自選短編集 (集英社文庫―コミック版)

彼方より―諸星大二郎自選短編集 (集英社文庫―コミック版)

ただ今でも理解に苦しむ作品は多い、
「カオカオ様が通る」