黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

悲しき一枚板のカウンター・・・

少し前から、
早くに来る老紳士の社長さん、
ジンを銘柄指定し、
「ジンフィズ」と、
そして、長きお付き合いになった。


同じく常連氏の飲食店オーナー、
このお二人が同じ事を何度も言う、
町の外れの外れ、
立ち飲み屋さんの値段で、
いい素材を使ったお店があると、


そこで、何度か尋ねたが、まだ早く、オープン前、
で、断念、
そして、もう一つ同じ事を、
カウンターが素晴らしいと、
マスターの店とは大違いと、


ん?私の店のカウンターより凄いカウンター?
それは凄い・・・
で、先日、行って見る事に、
まだ、早いので、その店の近所の店で暇つぶし、


が、入ったその店、メニューは豊富、
しかし、あまりに豊富なメニューのせいか、
食材が・・・
数の子の嫌な辛さには、
流石に閉口した。

止めの鉄火巻き、
掛ける言葉も無い・・・


そして、待望のその店に、
オープン直後なのに、
大勢のお客さんが、
私はカウンターの隅に、

カンパチを頼んだ。
鮮度がよく解る。
凄い・・・


先程の店とは、格が違う、
しかもメニュー、少ない・・・
削ぎ落とされている。
酒も、ビールと日本酒だけのようだ。
確かにこれなら、素材に集中出来るだろう、



そして、どれどれカウンターは、
確かに分厚い、15cm程の厚みがある。
が、しかし・・・


悲しくなった・・・
仕方ない事なのだが、
材木屋さんか大工さん、DIY好きな方しか解らないだろうが、
この木は、松か杉か、ペンキでこってりと塗られているので、
木目が解らないがケヤキ等ではなさそうだ。


そして、20cm程の大きな節(ふし)が、
あちら、こちら、
こ、これは、2番手、いや3番手の安価な板だ。


そういう事なのだ。
いくら、拘っても、結局は解って貰えなければ、
何の意味の無い、


が、次に「ナマコ」を頼んだ。
確かに絶品だ。
もう、そろそろ「ナマコ」も終わりかと、
「いつまでですか?」と、聞くと、


店主に、
「もう、終わりや!」と、
吐き捨てるように言われた。
しかし、安い・・・


カウンターの板がどうであろうが、
接客がどうであろうか、
まずは値段、安ければそれで良い、
そして美味しければ、尚更それでいいのだ。


私の店のカウンターは1mm程の節が、
一つ、それも私が裏と表を間違えなければ、
裏には、節は全く無かった。
厚みこそ無いが、輸入規制が掛かかり、
手に入りにくい、4mを越え、幅は80cmを越える。


高級木製ヨットに使われる高価な木材、


まさかの「チーク」の一枚板だ。
桁が一桁違う、
が、そんな事はどうでも良い事なのだ・・・


私の店は船を題材にデザインしている。
なので、どうしても「チーク」が欲しく、
大阪の材木市場を何軒、尋ねた事か、
だがこの13年の月日の中で、
「このカウンターの板、チークですね」と言われたのは、
2回・・・

我が愛しのカウンターよ、
然るべき場所にあれば、
然るべき評価を受けたのだろう、


すまない・・・

二重、三重、いや四重に色々と考えさせられた夜だった・・・




↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村