黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

コメント・・・・2

コメントの事で、
色々と考え、書く気が無くなっていた。
交流するのも嫌になった。
☆は無くし、コメントは承認制に、
何人かが察してくれて、
励ましてくれた。
ありがたい事だ。


中でもこういうコメントを頂いた。


「BARin 様、こんばんは、
「タイムリミット(2012-05-31)」で、
“そろそろ、終わりにしょうか、”
なんて、おしゃっておられましてので、
たいへんショックを受けました。

なんたる人生のドンデン返し!

「ほんとに驚いた・・・(2012-06-01)」で、
“スミケンさんご来店!”共通のブログ友。
こんなドラマってあるんですね。

BARin さんのブログを、これからも
続けて見られるなんて、長生きして
いて良かったです。
感謝でいっぱいです。
kuromori999」


クロモリ様だった。
数日、遅れて入っていた。
この日はピークだった。
店は暇で、支払いに追われ、
体調は悪く、
家族に気を使い、
ブログが嫌になっていた時だった。


このコメントを読み、
ある老バーテンダーを思い出した。
もう、70歳を過ぎておられた。
私はある事が解らず。ある時、
そのマスターに質問した事があった。
答えは
「私ごとき、まだまだ勉強中ですから」
と、言われた。


すかされたと、少しムッとなったが、
この言葉がのちのち、響いて来た。
理解するのに、何年掛かったろう、
これは、常に謙虚で、奢るなと言う事、
そして、自分で勉強しなさい、
安易に答えを聞くなと言う事なのだ。


確かに何年かして、その質問の答えは、
自分で探し、見つけた。


このクロモリ様のコメントにも、
同じ事を感じた。
続けなさいと、
するとおのずと答えは見つかると、
そう言って下さっていると私は思った。
そういって下さるなら、
もう少し頑張ろう、
そんな気にさせてくれたコメントだった。
こういう書き方もあるのだ。
そして、コメントにはやる気を与えてくれる力、
やる気を無くなす力がある事が、
改めて解った。


ありがとうございました。
こちらこそ感謝しております。
         坂本



↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村