黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 ジャストミート

静かな夜。

いや、毎晩静かな夜、

周りの店からは、

歓喜の歌声が聞こえるが、

 

 

当店は、古いラジオから、

こんな季節に、

小泉今日子さんの、

「木枯らしに抱かれて」が流れていた。

 

 

ふと、見ると男性が一人、

以前、何度か来られた方だ。

他愛もない挨拶を交わして、

何杯か飲まれた時、

 

「マスター、オクトモアありました?」

「ありますよ、しかしこれは・・・」

f:id:BARin:20180521012405j:plain

「オクトモア アイラバーレイ06,3」

258ppm と、言われても、

よく解らないだろうが、

強烈にピート(泥炭)を炊き込んだ。

 

 

ピートモンスター、

しかし、経年変化により、

かなり、まろやかに、

開封直後は、流石に顔をそむけた。

 

 

しかも、アルコール64%の、

カスクストレングス、

ウイスキー初心者に出せば、

完全なるアルハラ・・・

 

 

が、飲まれた。

まあ、飲む方が居られるので、

減っているのだが、

この下町では理解しがたいウイスキーであろう、

 

 

「では、マスター、逆にノンピートは?」

ノンピートは、逆にピート(泥炭)の、

炊き込みが無い物であるが、

「ありますよ」

f:id:BARin:20180521012415j:plain

「2007ブリックラディ アイラバーレイ ノンピート」

なのだが、これ、ピート居るのだが・・・

まあ、一応ノンピートなので、

等と話しながら、

 

 

夜は深みに、

まあ、飲みたい物を、

お出し出来た事で、

夜の帳が心地良い、

 

 

オクトモアは、

ブリックラディ蒸溜所の、

ウイスキーである。

ジャストミート!

 

 

は、続く・・・

 

 

大正区の名誉は、

辛うじて守った。

そんな酒も無いのか!

 

と、バカにされるのが、

嫌で私は頑張っている・・・

 

 

 

 

 

広告を非表示にする