黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 スペイサイド最高峰

スコッチウイスキー

通称、スコッチと、一口に言っても、

まずは、ブレンディド、

そして、シングルモルトと、

 

 

分かれ、そのシングルモルトトも、

大きくは、ハイランドモルト

ローランドモルト

アイランズモルトと、分かれ、

 

 

アイランズモルトの中でも、

蒸留所の多い、アイラ島で造られる。

物は、アイラモルトと特化して、

呼ばれる。のと同じように、

 

 

ハイランドの中でも、

ウイスキーのメッカ、

スペイサイド地区で、

造られる物を、

 

 

スペイサイドモルト

と、特化して呼ばれる。

それ以外のハイランド地方の物は、

東、西、南、北と分かれる。

 

 

膨大な数のウイスキー

と、細分化された地域、

この地域の違いで香り、味わいの、

特徴はかなり変わる。

 

 

故に、スコッチ下さい!と言われれば、

日本最大の中古車屋さんで、

車下さい!と同じ意味になる。

店員さんも、ビックリだろう、

 

 

そのスペイサイド地区に、

最高峰の山がある。

「ベンリネス」であるが、

その頂きを名にした。

 

 

正確には、スコッチ、

ハイランド、スペイサイド、

シングルモルト

ベンリネスとなる。

 

 

少し前に、記事にしたが、

最近、度々確認している。

香り、味わいの変化、

そう、経年変化、

 

 

8年と短熟(短期熟成)だが、

そのアルコール度数にある。

59,7%とかなり高い、

故に、変化も解り易い、

 

 

開封し、3週間、

開封時の刺激と、

酸味の強い、柑橘系が、

徐々に治まりつつある。

 

 

私の乏しい経験上だが、

この香りは、あの香りに変化するはず、

楽しみなのだが、

解らない人には、

 

 

サッパリ解らないだろうし、

私自身も、これ以上専門的に、

データーを取り出したら、

友人も、理解者も無くしてしまう、

 

 

そんな気がする。

あくまで、いちプレーイングマネジャーで、

が、実に面白い、

が、この度数なので、

 

 

誰にでも勧めれる物でも無い、

しかし、追いかけてみませんか?

経年変化と言う、

ウイスキーの移ろいを・・・

f:id:BARin:20190117195835j:plain