黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

大相撲が熱い!

子供の頃は、見向きもしなかった。

大相撲だが、最近は良く観るようになった。

その大相撲が熱い、

いや、驚いたのは、

 

炎鵬が凄い、

あの小さな体で、

阿炎を持ち上げ、

場内からコールが上がった。

 

プロレスのようになっていた。

そして、優勝を決めた。

徳勝龍だが、人に歴史あり、

いや、ドラマあり、

 

恩師が亡くなっていたとは、

私と同世代、

早過ぎる・・・

なのだが、奈良県勢の優勝は、

 

98年ぶり、大正11年

数年前に亡くなった。

私の父が生まれた年、

98年ぶり、98年前、

 

誰だろうと、調べてみた。

多分、この方だと、

思うのだが、

鶴ケ濱増太郎力士、

 

が、この方も、

若くして亡くなられている。

昭和14年没の45歳、

昭和14年と言えば、

 

第二次大戦が勃発した年、

なのだが、戦争が始まる前に、

お亡くなりになられている。

で、今回は凄まじい下克上で、

 

幕を閉じたが、

これは、徳勝龍の諦めない心、

諦めなければ、チャンスは、

巡って来ると言う事を、

 

教えてくれた。

ありがとう、そして、

おめでとう!

ジャン・コクトー曰く、

 

相撲は、バランスの、

芸術である。


【西武・そごう】わたしは、私。|炎鵬の逆転劇 スペシャルムービー