黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

生きている限りは・・・

昨夜、奥さんから連絡が来た。

最近は悪い報せばかりなので、

多分、そうだろうと、

やっぱり・・・

 

 

以前住んでいた家の前の、

おばちゃんが亡くなられたと・・・

この方には、大変お世話になった。

が、お世話になっている時は、

 

 

それが、気づかない、

離れてみて解る、

まだ、子供が小さく、

私たち夫婦が居ない時は、

 

 

いつも、おばちゃんが、

自分の家で子供達の面倒を見てくれていた。

私はおばちゃんが暇で、

子供が好きだから、

 

 

単にそう思っていたが、

そうでも無かった事が、

暫くして解った。確かに時間があり、

子供が好きなおばちゃんだったのだが、

 

 

ある日、下の子が、

おばちゃんの家で、

少し、手をくねったと、

すると、おばちゃんが上に下への、

 

 

大騒ぎになり、

病院に連れて行くと、

で、確か妻が帰り、

連れて行ったが、

 

 

やはり、何とも無かった。

で、私が迎えに行き、

三人で帰ると、

おばちゃんが家の前で待っていた。

 

 

そして、次女を抱きしめ、

何度も何度も、

「ごめんね、ごめんね」

と、言った・・・

 

 

別におばちゃんが悪いわけでは無いのだが、

やはり、人様の子供を、

かると言う事の、

責任の重大さ、

 

 

気概を感じた。

上手くは言えないが、

ああ、そうだったのか・・・

と、その時、初めて思った。

 

 

おばちゃんの好きだったコーヒー、

次女も良く飲ませて頂き、

今でも好きなようだ。

少しだが、

 

 

遺伝子を頂いております。

ありがとうございました。

今更ながら、子供達がお世話になりました。

ご冥福をお祈り申し上げます。

          坂本

 

 生きている限りは、

送るのが務めなので、

本日はお通夜参列の為、

20時30分からの営業になります。