黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 オールドパー

色んな年代のオールドパーを、

何年も掛けて飲んで来た。

で、いつも買い忘れる。

今のオールドパー

 

f:id:BARin:20190821201812j:plain

これが無ければ、
飲み比べが出来ない、

色んな年代を飲んだら、

解るのだが、全て違う・・・

f:id:BARin:20190821201834j:plain

一番左は、80年代だと思われる。

が、この80年代も、

前期、中期、後期と、

分かれるのでは?

 

いや、70年代も、90年代も、

なのだが、なかなかに調べようが無い、

特級のシールが付いた。

70年代であろう物は、

 

スモーキーフレバーの強さに、

驚いた。が、シングルモルトウイスキーの、

オールドボトルは多々、

このスモーキーフレバーが強い物はあった。

 

真ん中のボトルは、

シンガポール経由の、

80年~90年辺りだと思うが、

かなりパフュームが強い、

 

マッカランの64年と、

65年で解ったのだが、

蒸留器の影響かと思われる。

と、なると、オールドパーの、

 

キーモルトとなると、

クラガンモアなのだが、

と、調べると、64年に、

やはりポットスチルを増設している。

 

これか?

が、このシンガポールの、

オールドパーは、

年数が非表示、

f:id:BARin:20190821201839j:plain

これは、80年代のウイスキーショックによる。

原酒不足が要因なのでは、

と、思うのだが、

それも、特定は出来ない、

 

しかし、オールドパーを、

あーだ、こーだと言わない事が、

賢明である。

どの年代かが大事になる。

 

まあ、私ごときがオールドパーを、

語るのも、100年早い、

しかし、ウイスキーの奥は深く、

底なしである・・・

f:id:BARin:20190821201834j:plain