黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

バラの色・・・

毎日、毎日、

店の前を掃除し、

今日はどんな音楽を掛けようか、

一足先に、夏の雰囲気で、

 

 

等と、考え日々を過ごしている。

やはり、BARは雰囲気が大事だが、

けたたましく喋る人も多く、

まあ、そんな事はどうでも良いのだが、

 

 

苦労して、手に入れたお酒も、

あまり、喜んでくれる人も居ない、

ビールばかり飲む方も多く、

まあ、楽だと言えば、楽なのだが、

 

 

やりがいの欠片も無くなる。

だからと言って、

適当にやるのも、性に合わない、

が、何度も、製氷機の氷を使い、

 

 

オレンジや、グレープフルーツも、

生を絞らず、

紙パックのジュースで代用し、

原価の安いカクテルを作ろうかと、

 

 

考えた事もある。

味の違いが解る人も少ないのだから、

やりたい放題なのだから、

が、それがやはり、この町を馬鹿にしていると、

 

 

私は思う、と、よその町から、

解る人が来れば、一撃で見抜かれてしまう、

まあ、この町を愛するか、

利用するかの、問題なのだが、

 

 

まあ、ブレずに頑張ろう、

と、エミール・ガレの花瓶に、

昨夜も花を飾った。

f:id:BARin:20180622232121j:plain

黄色い薔薇、淡いピンクの薔薇、

花言葉をご存知だろうか?

そして、薔薇は本数によっての、

花言葉もあるのだが、

 

 

それが解れば、この花瓶、

実に面白い事になっているのだが、

そういう話をしませんか?

無理か・・・

 

 

今夜も、口から放射能を吐く、

ゴジラのようなおばさんが来たら、

全く意味のないことである。

ヨイトマケの唄でも、掛けようか・・・


Yoitomake No Uta - Akihiro Miwa / ヨイトマケの唄 - 美輪 明宏 (1964)