黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さな本格的BAR「BARin」の日記 

またもや悲しい事件が・・・

数日前から、頻繁にネットニュースに上がる。

大阪のカラオケパブの女性オーナーが、

刃物でめった刺しにされ、

殺害された事件、

 

何と言ったらいいのやら、

犯人は私と同じ年ぐらい、

被害者は私の娘と同じ年ぐらい、

いやもう、言葉も出ないのだが、

 

こういう事件は、定期的に起こっている。

そして、めった刺しと言うのも、

何度か記憶にある。

これは、異常な執着心の反動だろう、

 

周りから見れば、異常なのだが、

当の本人は、まともだと思っている。

過去何人か、この粘着性のように、

執着する人が居て、

 

確かに困った。

大体が同じようなタイプで、

普段は大人しいが、

いきなり激高し、怒鳴る。

 

この事件の犯人もそうだったようだ。

しかし、何故そこまで執着するのかが、

全くもって、理解出来ない、

しかも長い、同じ女性客を10年近く、

 

求め、通って来る人が居た。

その女性客が来ると、

機嫌がよく、来ないと不機嫌になる。

一体、何をしにBARに来ているのか、

 

挙句、カウンターに座り、

遠くから大声で、

「僕は好きです!」と叫び、

その女性客が「私は嫌いです」と、

 

ハッキリ言ったが、

「そうかな?」と答えた。

身の毛もよだつ出来事である。

そうなると、その女性客の安全を考え、

 

女性客に御遠慮頂く事に、

全く持って、迷惑な話だが、

本人は迷惑とは思っていない、

店の迷惑等、脳裏には一切存在しない、

 

何故なら、自分が好きだからである。

相手の事、店の事、そういう事が、

一切考えられない、自分本位な人間、

この事件の犯人も、そうだと思う、

 

と、その異常な執着心はどこから、

生まれるのだろうか?

10年以上も来ていない、

女性客を、あの子はどうしていると、

 

聞いてくる人も居るが、

来なくなったお客さんが、

今、どこで何をしているか、

私が、全て把握していたら、

 

私の方が異常者である。

冷静に考えて、そんな店の人は恐い、

そんなに気になるなら、

ご自分で探偵でも雇って探せば良いのだが、

 

BARにそういうものを求めて来られても、

こちらとしてはどうしょうも無いのだが、

一旦、BAR=異性との出会いと、

インプットされたら、

 

もう、治すことは出来ないのだろう、

故に、基本そういう方は、

お断りなのだが、自分は違うと思っているので、

何万回言おうが、糠に釘である。

 

誰でも受け入れ、商売するのも、

否定はしないが、太く短く、

細く長くと言う言葉もある。

まだまだ客が店を選ぶと思っている人が多いが、

 

店が客を選ぶと言うのも、

大昔から存在すると言う事も、

少しは理解して頂きたい、

判断するのは店側であると言う事を、

 

お亡くなりになった若き女性の、

ご冥福を心からお祈りすると共に、

この犯人に誰もが納得いく制裁を、

貴方は大丈夫ですか?

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp